料理の腕前をごまかす女性は1割未満

「料理ができる女はモテる」そう思っている女性は少なくないだろう。合コンや飲み会で気になる男性がいた場合、つい「料理が得意」だと言ってしまう女性はいるのではないだろうか。 そこで未婚の女性250人を対象に自分の料理の腕前以上に「料理ができる」と…

男性の4割以上がLINEで「別れを告げる」ことに賛成

スマホの普及により、今ではマストツールとして確固たる地位を確立したLINE。恋人同士の何気ないやり取りや、時にはふたりだけの世界をLINEで展開することもあるだろう。 だが逆に心が離れてしまった時、恋人たちはどうしているのだろうか。そこで、恋人に対…

元恋人と“より”を戻せる確率は10%未満

たくさんの辛い想いを経験しながら別れたのに、なんだか気になってしまう元恋人の存在。とくに次の恋へとなかなか踏み出せないような時は、寂しさも募って「"より"を戻せないかな」などと考えてしまう人も少なくないだろう。では、実際のところ元恋人と"より…

女性が「LINE ID」ではなく「電話番号」を教えるのは脈アリのサイン?

携帯電話が普及し、さらに多くの人がスマホを手にした現代、職場やプライベートを問わず様々なところで自分の連絡先を教えなければならない場面がひと昔前より格段に増えている。スマホは常に携帯しているだけに個人のプライベートと直結してしまっていると…

「合コン」をしたことがない20代が6割を超える

男女の出会いの場の1つに合コンがある。出会いの少ない男女にとっては友人、知人を介して異性と出会うことのできる貴重な場所であるが、昨今の合コン事情はどのようになっているのだろうか。そこで、20~30代の未婚の男女400人を対象に合コンについて調査を…

男性よりも女性の方が「男女の友情」を信じている

同性同士であれば気心が知れた仲間と友情を育むことは別段、難しいことではないだろう。だが男女となると話が少し変わってくるのは事実だ。昔から「男女の友情」は成立するかどうかという議論がなされてきており、男女間の永遠のテーマであるともいえる。 そ…

40%の女性が男性の「自撮り」に嫌悪感

SNSの普及やスマホの高機能化、自撮り棒の登場などによって手軽に記録を残せることから、旅先だけでなく何気ない日常を自撮りして、その写真をインターネット上に投稿する人たちが増えている。 芸能人やスポーツ選手といった有名人ならともかく、個人が自撮…

女子から送られてくるハートマークの4割が好意のサイン

SNSやメールなどで使用される「ハートマーク」。女子から送られてきた時、男子であれば嬉しくないはずがない。だが、女子の真意がどこにあるのか分からず、頭を悩ませた経験のある男子も多いはずだ。そこで未婚の女性200人にどんな男性に「ハートマーク」を…

失恋後、4人に1人が1年以上引きずる

恋人と別れてしまったとき、忘れるためにある程度の時間が必要である。そこで「別れた相手を忘れるまでにかかった期間」について、独身の男女500人を対象に調査した。 元恋人を「3ヶ月以上忘れられない」人は5割以上 出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年9月) 「別…

秋から始まった恋は長続きする

春は出会いの季節、夏は恋が盛り上がる季節、秋は人恋しくなる季節、冬は恋のイベントの多い季節などと言われている。季節によって恋が始まるきっかけはそれぞれあるが、ではどの時期に始まった恋が一番長続きするのだろうか。そこで「恋が長続きした季節」について、…

女性の6人に1人が元彼の名前を「半分も覚えていない」

ふとしたときに、昔の恋人のことを思い出すことはないだろうか。では、過去に付き合っていた人のことをどのくらい覚えているものなのだろうか? そこで「過去の恋人」について、独身の男女500人を対象に調査をした。 8割の人が過去の恋人の名前を全て覚えてい…

女子の草食化? 6割以上の女性が追いかけられる恋愛を好む

「追いかける恋愛の方が幸せ」なのか「追いかけられる恋愛の方が幸せ」なのか。恋愛においてよく議論される問題だが、実際にはどちらを望んでいる人が多いのだろうか。そこで「理想の恋愛」について、未婚女性250人を対象に調査をした。 6割以上の女性が、追いかけられる…

65%の男性が初デートではおごる! 本当は割り勘を希望!?

デートで食事をした後の支払い。男性ならば全額支払うべきなのか、それとも割り勘でも平気なのかと、頭を抱える男性は多い。一方の女性も、素直にご馳走になるべきなのか、それとも自分の分くらいは払ったほうがいいのかなど。結構気を使うのだ。そこで「割り勘」に…

「女の涙」は9割の男性に効く

頬を伝う一粒の涙。これに勝る武器はないと今も昔も洋の東西を問わず言われ続けている。では、実際に目の前で女性に涙を流された男性は、どのような行動に出るのか。20代~30代の独身男性250人に「女の涙」について調査をした。 9割以上の男性がケンカをやめる 出典…

マメな人は痛い?70%が「即レス」不要

異性に送ったメールやSNSの返信が遅くてヤキモキした経験は、少なからず誰もがあるはず。「即レスは脈アリ」といった事が恋愛ハウツー本にはよく書かれているが、本当に「即レス」は恋愛に作用するのだろうか? そこで今回、独身の男女500人に対して「SNSにお…

付き合う前にセックスをしても「1年以上交際は続く」が5割

付き合う前にセックスをしてしまってもいいものなのか。ただの遊び相手として終わってしまうのではないか。そう悩んだ経験がある人は少なくないだろう。そこで今回、「交際前の男女の関係」について、20代~30代の独身の男女2000人を対象にアンケートを行った。 女…

4割が「経験人数」をごまかしていることが判明

気になる異性に聞かれたとき、少し考えてしまう質問、それは「過去の経験人数」ではないだろうか。正直に答えた方がいいのか、それとも少しごまかした方がいいものなのか。そこで「過去の経験人数に対するウソ」について独身の男女2000人を対象にアンケートを行った。…

【新俗説】深い仲になれるのは、焼肉よりも居酒屋

「焼肉を一緒に食べに行く男女は深い仲になれる」という俗説がある。一つの鉄板を2人でつつき合う、そして臭いを気にしなくてもいい間柄なのだから"深い仲"に違いないと言われている。そこで独身の男女2000人に「交際に発展した食事」について調査を行った。 出典:…

70%もの人が“好きな人”にウソをつく

"好きな人"の前では「いい格好をしたい」、と誰しもが思うこと。だから思わず"ウソ"をついてしまうこともあるのではないだろうか? そこで「好意を持っている異性へのウソ」について、独身の男女2000人を対象に調査をした。 男性よりも女性の方がウソをつく 調査によ…

『ソフレ』は草食男子の副産物?

一時話題となった、「添い寝フレンド」こと『ソフレ』。男女がベッドをともにするだけで満足を得られるといった、このプラトニックな関係は本当に存在しているのだろうか? そこで独身の男女2000人に「ソフレに対する実態調査」を行った。 出典:ホンネスト編集部実施…

職場恋愛に影響も!? 5人に1人が接触する『絶食系男子』

恋愛に対して受け身な「草食男子」は、もはや男子をカテゴライズする上で、外せないキーワードとなっている。しかし昨今、恋愛に積極的ではない「草食男子」の遥か上を行く『絶食系男子』が登場した。彼らは"恋愛"云々の前に全く異性に興味がないのだという。様々なメ…

人は恋をしても痩せないことが判明

一般的に、「人は恋をすると痩せる」と言われている。好きな人のことを想うあまり食事が喉を通らない、好きな人から良く見られたいがために痩せる…そんな"恋"にまつわる俗説がある。しかし実際のところはどうなのか。そこで「恋愛と体重の変化」を独身の男女2000人を…

飲み会で話題になりそうな2015年春ドラマNo.1は?

新生活が始まると同時にスタートする春の新ドラマ。そこで今回は、20代~30代の男女300人に2015年春から始まるテレビドラマへの期待度を調査した。 出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年4月) 2人に1人はドラマを視聴。飲み会での会話に困ったらドラマの話題で…

【2015年上半期】モテる血液型ランキング 〜女子編〜

友だち同士、会社の同僚、趣味の集まり…何かと新しい出会いのあるこの季節。女子力をアップするだけでなく自分の血液型の傾向を知ることにモテるヒントがある!? 血液型命占カウンセラーの摩弥先生に2015年上半期のモテる血液型の傾向と対策を聞いてきました! 1…

【2015年上半期】モテる血液型ランキング 〜男子編〜

男子たるもの恋愛でも女性をリードしなくては! と意気込んでしまったために失敗…なんて経験もあるのではないでしょうか。そこで、血液型命占カウンセラーの摩弥先生に2015年上半期のモテる血液型の傾向と対策を聞いてきました! 1位:B型 自分の世界、自分のセン…

SNSのコメントで好印象なのは「w」と「(笑)」どっち?

どちらも笑いを表現している「w」と「(笑)」。SNSでのコメントなどで、どちらを使うべきなのだろうか? そこで今回は、SNSで送られてくる『w』と『(笑)』に対する印象について、独身の男女300人を対象にに調査をした。 出典:ホンネスト編集部実施調査(2015年3月) 男…

「出会いがない」と嘆く男女が4割を超える

「恋人ができない」 そう言って恋愛から遠ざかっている人は多いのではないだろうか? この「恋人ができない」理由を調査したのが、リクルートブライダル総研の『恋愛観調査2014』。 調査によれば、「恋人ができない」理由の大多数が、「出会いがないから」。…

男女で異なる“恋人がいない本当の理由”

彼女のいない男性、彼氏のいない女性。 実はその理由が男女で異なっていることが日本法規情報株式会社の調査によって分かった。 恋人のいない女性の10人に1人が「交際したいとも思わない」 恋人のいない女性に恋愛歴の調査を行ったところ、「交際したことも…

異性と付き合ったことがある人・ない人の違いとは?

気になる異性ができたとき、次にどのような行動を取るのかは人によって様々だ。 そんな男女の恋愛事情を明らかにしたのがリクルートブライダル総研の『恋愛観調査2014』。 未婚の男女1652人を対象とした調査結果によると、異性と付き合ったことがある人と、…

“プロポーズ”に対するオトコのホンネ

人生の中で大きなイベントのひとつ「結婚」。 男性はいつ、結婚を意識し、プロポーズを決意するのだろうか? 株式会社シーマはそんな男性の結婚観を明らかにすべく『男性のプロポーズと結婚に関する意識調査』を500名の男性を対象に行った。 交際1年後が勝負…

5回目のデートで自宅OK!?女性からの好感度が上がるアイテムとは?

デートも順調に重ねると、気になってくるのは自宅に誘うタイミングである。 そんな疑問を解消すべく、株式会社レオパレス21は「ひとり暮らしと恋愛に関する実態調査」を実施した。 付き合って1ヶ月、もしくは5回目以内のデートで自宅OK! 「自宅デートまで何…

女子は多重キャラ!?1人で約3人の自分を演出!?

自分じゃない誰かになりたい、非日常的な刺激がほしい… そんな思いから、キャラを使い分ける「変身女子」が多く存在していることを知っているだろうか。 この「変身女子」の実態を調査したのが、株式会社マンダムが1100人の女性を対象に実施した『“変身女子”…

10人に1人がインターネットやSNSが出会いのきっかけに

「出会いがない」という声をよく聞くが、恋人や結婚相手とは、一体どこで出会うのだろか。 男女の恋愛事情を明らかにすべく、リクルートブライダル総研では『恋愛観調査2014』を実施。 調査の中で「出会いのきっかけ」に関するアンケートを行い、男女の出会…

7割の女性が「急に乗り気でなくなった」とデートをドタキャン

楽しみにしていたデートを相手から何らかの理由を付けられてドタキャンされた男性は意外と多い。 とあるアンケート調査によってそれが明るみになった。 株式会社主婦の友社と一般社団法人「日本合コン協会」が、株式会社主婦の友社のファッション誌の女性読…

まないた女子に朗報!“シンデレラバスト”の時代が到来!

小さなサイズの靴をシンデレラサイズと呼ぶが、同様に控えめのバストは「シンデレラバスト」と表現される。 これまで豊かなバストばかり注目を浴びてきたが、一体世間は「シンデレラバスト」についてはどう考えているのだろうか? 人々の本音が垣間見えるSNS…

元恋人は運命の人?よりを戻した人は19.8%!

元恋人とよりを戻してゴールインした再会婚や、遠距離恋愛カップルの本音を明らかにするために、ブライダルダイアモンド専門店である銀座ダイヤモンドシライシは、『再会婚や遠距離恋愛に関する調査』を男女約500名に対して実施した。 元恋人とよりを戻す「…