婚活パーティー、その後の準備に抜かりなし! されどしょっぱいコーヒーの味 by おーじろう

準備は大切 婚活パーティーでカップリングした女性と二人で、楽しくおしゃべりしながらお茶をする。 そんなことをイメージしながら、パーティー前からウキウキとお店を探してました。 あの時間、希望に満ち溢れていたな~ 上手くいくかも分からないし、そも…

血液型占いって実際どうなの? B型男×A型女で結婚しました。その実態は...!? by U-ユウ-

第2回で「条件について」、第3回で「服装や行動について」書かせていただきましたが、今回は「血液型について」お話しさせていただきます。 前回の記事:彼の服装や行動が気になる!でも切り捨てないで!そのとき私がとった行動 by U-ユウ- 日本人の血液型の…

ネット婚活がばれたら恥ずかしい?他人の目なんか気にする必要なし!by とあるアラ子

先日、高校の同級生と飲み会をしたのですが、そこで驚いたことがありました。 なんと、集まった10人の女性のうち2人が婚活サイトを通じて知り合った男性と結婚していたのです。 ちなみに10人中、既婚者は8人。 つまりこの小さな同窓会のなかでは既婚者の4人…

モテる夏コーデで残暑を乗り切る!夏がもっと楽しくなるファッションテク5選

思いっきり恋がしたくなる夏! すでにいい思い出ができている人も、そうでない人も。モテる夏コーデで、もっといい夏にしちゃいましょう! デートやオフィスで使える夏のファッションテク5選をご紹介します。 ビーチリゾートでは“3×3”の法則で 旅慣れた人ほ…

婚活「やったつもり」になってない?自己満婚活のワナと処方箋 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。婚活のご相談をうかがってはや数年。婚活を頑張れば「すぐゴールできる女性」と、「何年も続けなければならない女性」の見分けがつくようになりました。 婚活で苦戦する女性は必ずしも容姿や性格、年収で劣るわけではありません…

【イヴルルド遙華の婚活運UP講座】星座別!夏の婚活にオススメのラッキーネイル

婚活で出会うのは運命の相手。 努力もさることながら、そこには「運」が必ずからんでくるもの。 本講座では、イヴルルド遙華が占いの知識をもとに、婚活運をUPさせる様々なアドバイスを行います。 今年の夏を、思う存分エンジョイしていますか? もう楽しい…

婚活サイトに登録したのに絡んで来るのは既婚者ばかり!? 信頼できるサービス選びは必須! by えむこ

それほど複雑な手続きもなく、簡単に始めることができるネット婚活ですが、あまりに手軽に利用できるサービスには、少し気をつけた方がいいかもしれません。 身分証明等の提出は面倒だからと、そういったものがほとんど不要(年齢確認のみ等)なサービスを選…

婚活は「旅行」である。自分の知らない一面にこそ、心が惹かれるから・・ by ナナムラナナコ

「良くも悪くも相手のことを知る旅行、カップルにとっては「鬼門」である・・」 こんにちは、ナナムラナナコです。 今回は少し真面目に、カップルにおいて外せないイベント「旅行」について語ろうと思う。 こじらせ女に多い「1人でどこでも行けちゃうの私」…

【結婚どころか恋愛の仕方もわかりません Vol.3】ダメ男は好きですか? by おゆみパイ

ユウ子・・・幸が薄い26歳。自己評価が低すぎて都合が良い女になりがちである。 サキ子・・・自己愛が強い25歳。8年彼氏がいないがもうすぐアラサーなので危機感を感じている。 つぼ美・・・男が尽きない29歳。唯一の悩みは同性に嫌われること。 こんにちは…

「結婚したら変わってくれる」は大きな勘違い。結婚にそんな効果はありません by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 今特定の人と付き合っている人も、特定の人がいない人でも、こんなことを考えていたりしませんか。 「結婚する相手に嫌な部分があっても結婚したらきっと変わってくれるはず」みたいなことを。 例えば、浮気グセがある人は結婚…

立ち止まっていても出会いは訪れない。お見合いパーティで「数打てば当たる作戦」を実行! by まる美

前回、結婚相談所に入会したまる美です 前回の記事:彼氏いない歴=27年。家と会社を往復するだけの毎日。出会いってどこにあるの!? by まる美 結婚相談所に入会はしましたが、 活動のフィールドを限定する必要はないと思います 私は婚活を始めたことをカミ…

彼の服装や行動が気になる!でも切り捨てないで!そのとき私がとった行動 by U-ユウ-

前回の話の中で、 「上手くいかないことが続いたら、細かい条件を見直してみる」 「条件だけでは見えない部分もあります。良い意味で『思ってたのと違う』ことも」 という条件に関するお話をさせていただきました。 前回の記事:結婚したい理由も幸せの形も…

出会いが増えても、その分選ぶのが難しくなるジレンマ。“婚活疲れ”した時には… by とあるアラ子

少し前まで日本では、親戚や知り合いが仲人して男女を引き合わせる「お見合い」での成婚が多かったようですが、最近はそんな話もあまり聞かなくなりました。 そのかわり、進化してきたのが婚活サービスです。マッチングアプリや婚活サイト、結婚相談所も昔よ…

婚活で出会った人と結婚前の“お試し同棲”って、アリ? by 肉子

こんにちは、肉子です。 皆様は、結婚前に同棲することについてどう思われますか? あっ、この場合に限り“婚活での出会い”にパターンを限定させてください。 わたしは、お見合いで出会い交際スタートした男性に 「最低でも1年は同棲してから結婚を考えたい」…

話が盛り上がるA子 vs 可愛くてタイプのB子。ミスチョイスしてしまうのは男の性!? by おーじろう

単純な男 婚活パーティーでは一人あたりの人と話せる時間が3~5分程とかなり短い。 それに加え婚活という真剣な場、全員が初対面という緊張感。 普段通りに話せという方が難しいです・・・。 話は弾まずどんよりムードということもしばしば・・・。 そんな…

「理想の男性は、尊敬できる人!」の罠 by ぱぷりこ

『妖怪男ウォッチ』ぱぷりこです。よく婚活・恋活相談を受ける時、私は「ゆるふわ言葉と形容詞は爆破せよ!」と主張しています。 なぜなら、考えているようで何も考えていないから。 特に「どんな人が好みなの?」「どういう人と恋愛して結婚したいの?」と…

謎のフックが相手に刺さる? 婚活サイトに顔写真を出すか否か問題 by アルパカ子

2.夫の今さら告白に胸キュン!? 私が当時使っていたサイトは写真が一枚しか載せられないところでした。 写真を掲載していない人も多くて、載せていても顔が写っていないか、顔が分かりづらい写真だったり…。 最初は写真を載せていない人からのメッセージにも…

婚活サービスは併用してなんぼ! 来年ウエディングベルを鳴らそう by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。「婚活サービス、どれがいいですか?」という質問をいただきます。アプリ、結婚相談所、合コン、友達のツテ、婚活パーティ……選択肢が多すぎると人は選べなくなるもの。どうすればいいの? と不安になるのはごもっともでしょう。…

パーティ、街コン、結婚相談所…。数ある手段から私がネット婚活を選んだ理由 by えむこ

ネット婚活、婚活パーティ、街コンイベント、結婚相談所、知人の紹介……婚活には様々な手段がありますが、私が選んだのは最もコストが低い(と思われる)ネット婚活でした。 というのも、婚活を始めた当初、私は新しい仕事を始めたばかりで経済的に余裕がなく…

【イヴルルド遙華の婚活運UP講座】夏、運気を上げる攻めのラッキーコーディネート

婚活で出会うのは運命の相手。 努力もさることながら、そこには「運」が必ずからんでくるもの。 本講座では、イヴルルド遙華が占いの知識をもとに、婚活運をUPさせる様々なアドバイスを行います。 8月は、太陽のパワーが強くなるシーズン。星の動き的にもと…

【結婚どころか恋愛の仕方もわかりません Vol.2】焦りを覚える彼女たちを引き合わせたのは… by おゆみパイ

ユウ子・・・幸が薄い26歳。自己評価が低すぎて都合が良い女になりがちである。 サキ子・・・自己愛が強い25歳。8年彼氏がいないがもうすぐアラサーなので危機感を感じている。 つぼ美・・・男が尽きない29歳。唯一の悩みは同性に嫌われること。 こんにちは…

結婚する男女が出会う平均年齢は? 結婚する相手にいつ出会い、どれくらい付き合うか by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。 前回の記事では「結婚相手にどんな条件を求めるか」という話を書きました。今回は「結婚相手といつ出会って、どれくらい付き合うか」がテーマです。 交際期間半年は短すぎる? 結婚する相手とどれくらいの期間付き合うかはよく…

彼氏いない歴=27年。家と会社を往復するだけの毎日。出会いってどこにあるの!? by まる美

彼氏いない歴=27年で焦って婚活を始めたまる美です。 今までの私は家と会社を往復するだけの毎日で、 休日は家から出ない完全なる干物女でした。 職場も女性ばかりだったので 皆はどこで出会って 恋人を作っているのかサッパリ分かりませんでした。 今更、…

婚活は「パン屋」である。いっぱい種類がありすぎて選べないから・・・ by ナナムラナナコ

「ハードパンもソフトパンも惣菜パンも、みんなちがってみんないい」 今回もためになる話は1ミリもいたしません・・リラックスしてお読みください。 ーーーーーーーーーー タッタッタ・・走る音 食パンをかじりながら坂道を駆け下りる、女子中学生「るのん」…

結婚したい理由も幸せの形も十人十色。なぜ結婚したいのか、私の結婚相手の条件 by U-ユウ-

第1回では「婚活で結婚した私が一番最初にしたこと。その効果は...!?」を実体験を交えてお伝えしました。 前回の記事:婚活で結婚した私が一番最初にしたのは「◯◯◯◯」。その効果は...!? by U-ユウ- ではその次、2番目にしたことは? 私が婚活で2番目に…

「理想の男性は、一緒にいて楽しい人!」の罠 by ぱぷりこ

『妖怪男ウォッチ』ぱぷりこです。よく婚活・恋活相談を受ける時、私は「ゆるふわ言葉と形容詞は爆破せよ!」と主張しています。 なぜなら、考えているようで何も考えていないから。 特に「どんな人が好みなの?」「どういう人と恋愛して結婚したいの?」と…

就活が終わったと思ったら、婚活→妊活→保活…。私たちの人生は進んでいく by とあるアラ子

婚活も就活も妊活も保活も、大人になってから目的を達成するためにやる活動の共通点は「努力すればするほど良い結果がでるわけではない」ところじゃないでしょうか。 中でも婚活の結果は、運やタイミングに大きく左右され、「勝った・負けた」「受かった・落…

婚活は相手よりもまず“婚活友達”を作るとうまくいく理由 by おおしまりえ

年頃の女子であれば、「そろそろ始めようかな」なんて1つの花嫁修業のようになった婚活。最近はリアルな婚活パーティーや相席屋だけでなく、ネットを使ったマッチングサービスも充実し、一人でひっそり婚活をはじめる男女も増えてきました。 意外と日々の地…

男の「手料理作って」を真に受けて、手料理を振舞った結果… by 肉子

みなさま初めまして、肉子と申します。 わたしは20代の時に100回ぐらいお見合いをしまして、最終的に結婚相談所の出会いで結婚したという、婚活地獄の生き残り組です。 あっ、最初に言いますが100回も見合いしたような女から学べることは何もないです。 非モ…

【イヴルルド遙華の婚活運UP講座】星座別に婚活運を向上!

婚活で出会うのは運命の相手。 努力もさることながら、そこには「運」が必ずからんでくるもの。 本講座では、イヴルルド遙華が占いの知識をもとに、婚活運をUPさせる様々なアドバイスを行います。 人の第一印象は、9割が見た目で判断されてしまうというデー…

【ネット婚活】実録!100人いれば100通りの婚活事情♡テレビ番組制作ディレクターN・Aさんの場合

ピヨヨヨ〜♪ みなさん、こんにちはっ!婚活を始めたばかりのまだまだ“ひよっこ”ピヨ子です! 活動を開始したばかりだというのに、 「私の理想のお相手はどこにいるのー!?」 「っていうか、そもそも私の“理想”って一体…?」 「婚活という大海原で、ピヨ子はど…

謎のマッチング体験。20代オタク男子のお相手に選ばれたのは・・・ by アルパカ子

1.婚活場所を選ぶ所から勝負は始まっている!? お互い趣味に打ち込むところが合うと判断されたのかもしれませんが…。 ヤギ談:「まずは働いて自立しようよ!」 …というわけで、婚活場所を色々と変えて私と出会ったそうです。 人によって得意なことは違うもの…

フリーランス男子、婚活パーティーの参加料金に疑問を感じる by おーじろう

その1 ちっちゃすぎる男 男性が高くて、女性が安いということに納得いかない訳じゃない。 参加料金に大きく差があると、婚活パーティーに対する意気込みというか熱量みたいなものが男女で全然違ってくると思うんです。 一方は「その回のパーティーに賭ける!…

合コンは中止だ、アプリを開け。1年後に結婚するためのマジメなアドバイス by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。紳士淑女の人生相談を伺って数年、お伺いした人数は約700名にのぼります。とかく今どきのお嬢様方は、結婚に焦っています。もはや本当に結婚したくなさそうな方まで、焦っておられるのです。 結婚に焦るとどうなるか。「すぐ何…

【結婚どころか恋愛の仕方もわかりません Vol.1】恋愛に悩み苦しみ、結婚に焦る女たち by おゆみパイ

ユウ子・・・幸が薄い26歳。自己評価が低すぎて都合が良い女になりがちである。 サキ子・・・自己愛が強い25歳。8年彼氏がいないがもうすぐアラサーなので危機感を感じている。 つぼ美・・・男が尽きない29歳。唯一の悩みは同性に嫌われること。 初めまして…

結婚を考えていた彼氏がホワイトデーに消滅した!既読の付かないLINEをただ眺めたあの日 by えむこ

気がつけば私もアラサー、というかもう30になっていました。 年齢的にも、そろそろ結婚を視野に入れなければと思い、「この人で恋愛は最後にしよう」と思って選んだ、同じヲタクという共通点を持つ彼氏。 ヲタクならではのディープなやりとりを毎日、LINE…

独身男女「理想的な相手なら結婚したい」が4割。私が結婚相手に求めた条件は「二世帯住宅ができること」by 斗比主閲子

はじめまして、斗比主閲子と申します。 既婚、フルタイム勤務、子ありのアラフォーです。数年前から、夫婦喧嘩や嫁姑争いなど家庭内トラブルへの対処法をブログで書いていたところ、いくつかのメディアに寄稿するようになったり、昨年は独身男女向けの“人付…

彼氏が一度もできないままアラサーに突入。今、猛烈に誰かを愛し愛されたいっ!! by まる美

はじめまして、まる美と申します。 私は昔から結婚願望がありませんでした。 子供のころから友達が恋愛トークで盛り上がっていても興味が持てなくて、 人を好きになることも1度もありませんでした。 誰も人を好きになれない自分は 「冷たい人間なのか?」「…

【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 4】「専業主婦」への幻想を捨て去れ!

年収条件の背景に「専業主婦」 女性が、自分の結婚相手となる男性に対して求める条件の中に、第一番目ではないとしても、かなり上位に「年収」が来る場合が多い。相手に求める年収は、女性がどのような家で育ち、学歴や職業にあるか、といったファクターで異…

婚活で結婚した私が一番最初にしたのは「◯◯◯◯」。その効果は...!? by U-ユウ-

はじめまして! 漫画やブログを見ていただいている方はいつもありがとうございます! ブログなどで「太めオタク アラサー女の婚活!!!」という実録婚活漫画を更新しているU-ユウ-と申します。 25歳になるちょっと前から婚活を始め オフ会・社会人サークル…

絵文字やネットスラング多用ってアリ!? ネットで出会った男性のメールが正直気持ち悪い時… by とあるアラ子

「男性からのメッセージを気持ち悪く感じてしまう……」。これ、ネット婚活を始めたばかりの人からよく聞く話です。 気持ち、すごくわかります。プロフィールを見て気に入った人とだけやり取りしているつもりでも、相手は所詮見知らぬ男性。自分が普段ぜったい…

婚活は「鼻毛」である。なぜなら他人には見られたくないものだから・・ by ナナムラナナコ

「婚活している姿って隠したいもの。でもふとした瞬間にあいつは、現れる」 ホンネストをご覧のみなさん、こんにちは。 ブログ「婚活オトコ百科」の管理人、炎の婚活師ナナムラナナコです。今回お声がけいただいてこのような連載を始められることなりました…

【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 3】モデルルームは若い夫婦の「大勝負」の場だ

「新築」は魅力的に見える 筆者は不動産マニアではないが、それでも、マンションや一軒家のモデルルームを見ると「いいな」と思う。モデルルームは、生活から生じがちな「余計なモノ」が無く、スッキリ片付いている。何よりも「新しい家」は綺麗だ。結婚式で…

【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 2】結婚とは「恋愛のバブル」だ

「バブル」とは? 「恋愛がバブルに至ったものが結婚だ」というのが私の仮説だ。自分では、有力な仮説だと思っている。 「バブル」とは泡のことだ。膨らんだ泡は、やがて消える。経済の世界では、「株価や地価などの資産価格が、長期的には維持できないくら…

【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 1】「経済力」は、「結婚しない理由」にはならない

男の甲斐性への過剰期待 結婚するか、結婚しないか。 意中の相手がいるとして、結婚を迷う理由が自分か相手の「経済力」にあるとするならば、「結婚した方がずっといい!」と筆者は読者を説得したい。 そもそも、経済力が理由で結婚をためらうという状況はど…

プロに聞く、恋愛婚活アドバイス:バーテンダーに聞く「BARでのNG行動」。女性を落とせる「鉄板カクテル」は?

今回の「プロに聞く、恋愛婚活アドバイス」は、“出逢いの場“でもあるBARが舞台。夜な夜な男女のかけひきを見ているバーテンダーは、客が「モテ男」か「非モテ男」かを見抜くプロでもあります。「非モテ」と聞いてドキリとしたあなたもこれを読めば大丈夫。都…

待ち受けにすると効果大!恋愛運UPのパワースポット3つ

縁起の良い画像を携帯電話の待ち受けに設定すると恋愛のご利益があるという、なんとも現代的なジンクスがあるらしい。そこでプロのリサーチャーさんにその珍しいパワースポットを3つ教えてもらった。 あわせて読みたい:恋愛が成就する待ち受け3つ 群馬県・…

【血液型で分かるホンネ】B型男子は付き合ったとたんに豹変する!?

意中の相手に血液型を聞いたものの、「几帳面」、「おおざっぱ」など漠然としたイメージしか思い浮かんでこない…という経験はないだろうか? 血液型から意中の相手を読み解くため血液型命占カウンセラーの摩弥先生に、B型男子の恋愛傾向について話を聞いてき…

現役バーテンダーが教える BARによくいる残念女子

BARをひとりで飲み歩く女性には、自立して社交的な大人の女性が多い。 しかし、そんな中にも、つい眉をしかめ、「出会って損した」と思ってしまう残念な女性もチラホラ。 そこで、都内のBARに勤務する現役バーテンダーのKさんにBARによくいる残念女子の特徴…

不覚にも男がドキドキしてしまう瞬間3つ

男同士で会話をしていると誰が言い出したのか分からないのですが、決まって「女子の○○なしぐさがいい」とか「○○って萌える」などといった、女性からしたら実に下世話なトークが展開されます。 そこで、男性が女性の何に対して「ドキドキ」を感じるのかを、夜…