女子に捧ぐ!これが男子のゲンナリフレーズ~男心をズタズタにする禁断の言葉~

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~真逆の意味にとられてしまう言葉~

男性はいつだって女性から「男らしく」見られたいもの。「器の小さい男」や「女々しい男」などとは絶対に思われたくないのです。ですので、そういった男性の気持ちを踏みにじってしまうようなことは言わないようにするべきでしょう。そこで今回は、拙著「男は耳で恋をする」の中から、男心を踏みにじってしまうフレーズ、『マメだよね』を紹介したいと思います。

女性から直接は言われたくないフレーズ

「マメな男」。この言葉には、「モテる男性」や「女性の気持ちを理解している男性」、というようなイメージがありますよね。男女の恋愛において、“デキる男”といった印象でしょう。だからといって、直接女性から「マメだよね」とは言われたくないものなのです。褒め言葉のように見えて、実際は全く褒められているような気がしないフレーズなのです。

「せかせかしている男」だと言われた気分になってしまう

実は「マメな男」は、男性側からしてみると“せかせかしているような感じ”がするのです。なので大抵の男性はマメだなどと思われたくないでしょう。男のくせに、せかせかしていて、なんだか男らしさも感じられない。 そんな風に言われているような気にもなってしまうため、女性から直接言われたときのショックは大きいはずです。

「モテようと必死な男」という風にも取られてしまう

また、「マメな男はモテる」という認識が広がりつつあるため、「マメだね」と言われると、「モテようと必死だね」と言われているような印象まで受けてしまう恐れもあります。これは男性にとって、女性には一番思われたくない姿。そんなイメージを抱かれた日には、どこか見透かされてしまったようであなたに近づきたくないと男性は逃げ腰になってしまうことでしょう。

 

「マメな男」のように世間では褒め言葉だと思われているフレーズでも、男性にとってはそうでない場合もあるのでご注意下さいね。

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男に愛想を尽かされる言葉~