羽織ものを制する者は秋ファッションを制す

今シーズンは羽織もののバリエーションが豊富!秋のおしゃれは羽織もので決まると言っても過言ではありません。かといって、すべての種類を買いそろえるのはお金がかかってできませんよね。そこでニューフェイスの羽織ものをチェックしつつ、手持ちの羽織ものを今年っぽくアップデートする方法も紹介します。

大本命!いま買い足すならコーディガン

ホンネスト

春夏のロングカーディガンに次いで大注目なのがコーディガン。コートとカーディガンの中間アイテムで、秋から真冬手前まで大活躍してくれること間違いありません。ひとえにコーディガンと言ってもデザインが豊富。カジュアル派はフード付きを。モード派はロングジャケットを。グラマラス派はバスローブのようなガウン風のものがおすすめです。

半歩先のセンスが光るロングジレ

ホンネスト

ちょっとした寒さ対策を兼ねつつファッション要素が高いことで、おしゃれな人たちが注目している裏ヒット羽織りがロングジレ。Tシャツにデニムといったシンプル服はもちろん、シャツに9分丈パンツといったお仕事服も、ロングジレをプラスするだけでおしゃれレベルが確実にアップします。挑戦しやすいジャケット型ベストやトレンチ型ベストあたりを狙ってみてください。

手持ちカーデは旬ボトムス&流行色で蘇る

ホンネスト

ベーシックなカーディガンは、コーディネートを怠けると古臭い印象に。旬なボトムスと合わせてアップデートしましょう。ガウチョワイドパンツスエードスカートと合わせれば一気に今年顔に。流行色のキャメルやカーキを取り入れるのもおすすめ。キャメルカーデ×黒スカート、グレーカーデ×カーキパンツなど、上下どちらかに流行色を入れるだけでも今年っぽく生まれ変わります。

難易度高めのポンチョは買わずして作る

ホンネスト

インパクトのあるアイテムはおしゃれに見える反面、印象が強すぎてどれも同じコーデに見えてしまうという落とし穴が。流行のポンチョもそんな危険があるので、私は買わずに手持ちの大判ストールを使ってポンチョ風に仕上げます。いつもは首にグルグル巻く大判ストール(私のは190×70㎝)。これを肩から羽織ってベルトで止めたり、肩に巻いてブローチで止めたりするとポンチョ風に!ぜひ試してみてください。

 

朝晩の寒暖差はもちろん、日によっても気温差がまだありますね。新顔羽織と手持ち羽織を賢く着まわして、おしゃれに体温調整をしてみてください。