【ネット婚活】調査のプロが教える デートで会話が途切れない豆知識~夜景の見える空港編~

好きな人と一緒に見る夜景はロマンチックなもの。その夜景の一つとしてオススメしたいのが、空港から見る夜景だ。そこで、「夜景の見える空港」を調査のプロであるリサーチャーさんから教えてもらった。

「神戸空港マリンエア」

ホンネスト

兵庫県の空の玄関口として、神戸市沖に浮かぶ海上空港「神戸空港マリンエア」。国内路線に限定された小さな空港だが、屋上階に360度見渡せる展望デッキが設けられている。

滑走路とその奥に広がる海とのコラボレーションはまさに絶景そのものだ。また、屋上庭園からは、明石海峡大橋や神戸ハーバーランドの観覧車、そして、市章山や錨山なども見ることができる。

屋上階にある明石漁港で採れた食材を使った料理がウリの「明石浦正鮨」でディナーをしながら夜景鑑賞するのもオススメだ。

「中部国際空港セントレア」

ホンネスト

東海地区の国際玄関口である「中部国際空港セントレア」。ここには、空港滑走路だけでなく、伊勢湾の奥の三重県の夜景までも見渡せるスカイデッキが存在する。

スカイデッキの開放時間は朝7時から夜10時30分まで。中でも、滑走路にある5000個もの誘導灯が光り輝く夜景は、まるで宝石を散りばめたかのような美しさだ。

さらに、空港ビル4階のレストラン&ショップフロアのレンガ通りには、「幸せを呼ぶ猫」が隠れている。15匹全てを見つけると幸せが訪れるというジンクスがあるので、ぜひ恋人と一緒に探してみてほしい。

「東京国際空港(羽田空港)」

ホンネスト

羽田空港には、展望デッキがいくつか存在する。国内線の展望デッキは、第1旅客ターミナルの6階と屋上、第2旅客ターミナルは5階にある。

特にオススメなのが、第2旅客ターミナルの展望デッキからの眺望だ。デッキには約4000個のLEDが埋め込まれた「星屑のステージ」がある。

また、国際線ターミナルの展望デッキも無料で開放されており、富士山を望む「富士見台」、月を望む「月見台」などがある。

実は、全国の主な空港には、鳥と飛行機がぶつかる「バードストライク」を未然に防ぐために結成された「バードパトロール」というチームがある。滑走路に鳥が近づかないよう、1日に何回もパトロールをしているのだ。