【連載:映画で分かる女の本音】恋する大人女子に効く!心を元気にするサプリ映画~『はじまりのうた』~

『ラブ・アクチュアリー』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを代表作に持つイギリスの女優、キーラ・ナイトレイ。女優としての活躍はもちろん、アメリカの映画専門サイトが毎年発表する「世界で最も美しい顔ベスト100」に、ここ10年は毎年のようにランクインしていて、うち2度(2005年と2006年)は堂々の第1位。

2007年からはシャネルの香水「ココ・マドモアゼル」の広告塔を務めるなど、女性も憧れる美しさを持っている女優です。彼女の主演作はどれも大作ばかり……と思われがちですが、なかには小さくてもとびきり輝いている映画があり、そのひとつが『はじまりのうた』です。

ホンネスト

主人公はグレタ(キーラ・ナイトレイ)。恋人と一緒に作った曲が映画主題歌に抜擢されてニューヨークへやって来ますが、注目を浴びるのは恋人のデイヴ(アダム・レヴィーン)ばかり。おまけに彼の浮気が発覚してしまいます。

その浮気発覚のシーンは、女の勘の鋭さがもたらす修羅場がリアルに描かれています。そして、家を飛び出したどん底のグレタが偶然に出会うのが、音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)。恋人を失ったグレタに対してダンが失ったのは仕事。

才能はあるのに時代の流れについていけず、自分が立ち上げたレコード会社をクビになってしまう、ダンはある意味、無器用な男です。そんな人生最悪の状況のふたりが一緒に音楽を作っていく──というお話。

ホンネスト

失恋や悲しい出来事をそう簡単に忘れることなんてできないものです。忘れるために趣味に没頭したり、旅に出てみたり、とことん引きこもって一人の時間と向きあったり……グレタとダンも例外ではなく、自分ひとりでは抜け出せない悲しみの泥沼にいました。

けれど、ダンはグレタの才能に惹かれてプロデューサーとしてのやる気を起こし、彼に背中を押してもらうことでグレタは自分の気持ちを歌にのせ、ミュージシャンとしての一歩を踏み出していきます。また、ふたりが作り出す曲がどれも素晴らしい!

レコーディングをする場所もエンパイアステートビル、セントラルパーク、地下鉄などニューヨークの街中というのもユニークです。キーラ・ナイトレイの歌声にも驚きます、あまりに上手すぎて!

ホンネスト

グレタとダン、それぞれが一歩前に進むお話ですが、やはり女性はグレタに自分を重ねる人が多いと思います。恋人とのしあわせな時間、想像もしていなかった別れの瞬間、悲しみと怒り、立ち直るための時間、元彼からの誘惑、友情なのか恋なのか新しく芽生えた感情……

失恋を経験したことのある人なら誰もが共感できる心の揺れ動きがとても丁寧に描かれているからこそ、自分の気持ちを理解してもらえたような満足感を得られる。「傷ついても、大丈夫よ」「きっと、前へ進めるわ」と心に語りかけてくれる。恋をすると年齢問わず人はもろくなる──だから『はじまりのうた』のような大人の女性に効くサプリ映画が必要なんです。もちろん、サントラもサプリ音楽です。

 

hajimari_DVD_S

はじまりのうた BEGIN AGAIN

©2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

発売・販売元:ポニーキャニオン

Blu-ray & DVD  2015.10.7 Release

Blu-ray:¥4,700(本体)+税 DVD  :¥3,800 (本体)+税