男がゲンナリする女の口癖~「自分勝手な女」だと思われる一言~

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男から距離を置かれてしまう一言~

仕事で忙しい男性にとって、そばにいてくれる女性は癒しの存在です。それとは逆に彼を癒やすどころか、イラ立ちを生むような女性になってしまう一言があるのです。

そこで、男性が「自分勝手な女」だと思ってしまうフレーズ、『また残業するの?』を紹介したいと思います。

『また残業するの?』=『仕事ができない』

ホンネスト

彼氏が毎日のように残業をしていた場合、女性は寂しい気持ちになり、自分と会う時間を作って欲しいと思ってしまうでしょう。

「アナタがいなくて寂しい」という意味を込めて『また残業するの?』というフレーズを言ってしまいがちですが、男性はアナタのその言葉にある本心に気付いてはくれません。

逆に男性は「仕事ができない」と言われているように感じ、アタナに対し怒りを覚えてしまうのです。

自分勝手な女だと思われる

ホンネスト

『また残業するの?』というフレーズを言われてしまうと、男性は実際には存在しない裏の意味、「また私とは会ってくれないの?」というフレーズが頭をよぎってしまいます。

つまりこのフレーズは、男性にとって重荷になってしまう一言なのです。

アナタが何気なく発してしまった『また残業するの?』というフレーズから、彼がアナタのことを“面倒な女”そして“身勝手な女”だと思ってしまう可能性は否定できません。

“仕事ができない”という烙印を押しているのも同然

ホンネスト

さらに、『また残業するの?』というフレーズは男性に「要領が悪い」と言っているのも同然なのです。男性は自分の仕事に誇りを持っています。

このフレーズを言われてしまうと、プライドを傷つけられたと受け止めてしまいます。

なので、「アナタがいなくて寂しい」という気持ちを伝えるのであれば、『また残業するの?』といった遠回しな言い方ではなく、「寂しい」とストレートに言ってみてください。

きっと彼は「自分がいなくて寂しいんだ」、「彼女には自分しかいないんだ」と思い、仕事よりもアナタと会うことを優先し、残業をする時間も少なくなってくることでしょう。

 

『また残業するの?』とストレートに言うのではなく、オブラートに包み、そして労いの意味も込めて、「毎日遅くまで大変だね」、「無理しすぎないでね」と言うのがベターです。言葉一つで“自分勝手な女”にも“優しい女性”にもなることができるので、男性の仕事に対して言葉をかける際は、いつも以上に言葉を選んで会話をしてください。

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~誰も得をしない一言~