【ネット婚活】カリスマファッションバイヤーが教える ロングコートの着こなし方

冬のファッションで最も重要なのがコート選び。しかし、これが簡単なようでいて難しい。自分のセンスに自信がないので、とりあえずジャケットやブルゾンを選んで…と、どうしても無難な選択になってしまう。

おしゃれだが着こなしが難しそうなロングコートには手が出ない。しかし、「おしゃれ初心者こそ、冬は真っ先にロングコート」とセオリーを覆す人物が。

それは独特のおしゃれ理論を展開するカリスマファッションバイヤーのMBさん。なぜ初心者にロングコートを勧めるのか? その理由をMBさんの著書『最速でおしゃれに見せる方法』(扶桑社刊)からご紹介します。

スタイルに自信のない人こそロングコートを着よう

ホンネスト

特に身長が低い、体型のバランスが悪いといったコンプレックスを抱く人は「身長が低いから着せられている感じになる」とロングコートを避けがち。

だが、そいういう人こそロングコートがお薦めなんだそうです。まず多くの人が誤解しているのは、ブルゾンやジャケットなどのアウターこそ、体型が目立ってしまうということ。

丈が短いためウエストの位置がハッキリしてしまうのだそうです。反対に、ロングコートはウエストの位置をすっぽり隠してくれるので、胴長短足であることがバレにくいのです。

実は簡単なロングコートの着こなし方

ホンネスト

それでも「似合わない」「着せられている」と思う場合は、合わせたボトムスが悪いのです。ロングコートに合わせる正解は細身のボトムス

メンズの体型を美しく見せてくれる基本シルエットは、「I」「A」「Y」の3タイプがあるのですがロングコートで狙うのは「Y」ラインのみ。

ロングコートはたとえ細身でもショート丈にはない面積があるので、トップスにボリュームが出やすい。

そこで細身のパンツを合わせて、アルファベットの「Y」のようなシルエットを作る必要があります。細身のロングだからといって、ボトムスを太めにして失敗する人が多いそうなので要注意。

冬に必須の小物“ストール”

ホンネスト

ロングコートに合わせたい冬の小物はストール。アイドルが顔の近くに手を持ってくるポーズなどと同様の「視覚効果」で体型が圧倒的にキレイに見えるのだそうだ。

しかもストールはそういったピースサインよりも大きな面積の布を使うのでスタイルアップ効果は絶大なんだとか。