調査のプロが教える デートで使える豆知識~日光編~

世界遺産である寺社仏閣など、見所満載の日光。修学旅行以来行ったことがないという人も、今一度注目すべき素敵なデートスポットについて、今回もリサーチャーさんに調査してもらった。

けっこう建設費が莫大だった! 日光東照宮

色鮮やかな建築物はもちろん、かの有名な三猿や眠り猫、唐獅子や龍などなど、見どころの多さはさすが世界遺産といったところ。ここで披露したい豆知識は、東照宮建立にかかった費用について。東照宮のために使われた費用は膨大で、金56万8千両、銀100貫目を使用したという。現在に換算した場合、その金額は約2千億円。ちなみに、新国立競技場の建設費も約2千億円。その金額を知るだけで拝観料1,300円(大人・高校生)が安く感じられるぞ。

意外とハイテクな華厳の滝

落差97mの絶壁から水しぶきを上げながら落下する姿は圧巻の一言。日本人なら一度は見ておきたい華厳の滝。夏の新緑、冬の凍った滝など春夏秋冬で別々の顔を魅せる。特に秋は紅葉のコントラストが最高。展望台からは、中禅寺湖と華厳の滝を一緒に眺めることができる。実はこの華厳の滝、自然に流れていると思っていたら大間違い。なんと水量は中禅寺湖の水位や、発電の関係で、コンピューター制御されているのだ。そのため、観光客がいなくなる夕方以降、水量を減らしているとか。

全長140m ドキドキしながら渡りたい「鬼怒楯岩大吊橋」

鬼怒川の上空37mに架かる鬼怒楯岩大吊橋は、そのスリルと景観の見事さから大人気の散歩道。揺れるような橋ではないが、「吊り橋理論」が効果を発揮するだけのドキドキは得られるに違いない。恋愛のドキドキと橋のスリルのドキドキを混同しているすきに、ダメ押ししたい豆知識は、橋を渡った先にある楯岩鬼怒姫神社について。得られるご利益は縁結び・子宝・開運。さらに138段の階段を昇った先の展望台には、カップルに大人気の「縁結びの鐘」。”運命”を感じずにはいられないこの楯岩鬼怒姫神社。カップルだけでなく、片思い中の人もこのご利益にあやかってみるのもいいかも。