読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリスマファッションバイヤーが教える ファッションの間違った常識

モテるテクニック 恋愛

ファッションはセンスよりもロジック。そう豪語するのがカリスマファッションバイヤーのMBさん。

しかし、ダサい人はそのロジックから外れた間違った常識を取り入れてしまいがちなのだとか。

ファッションの間違った常識とは何なのか? MBさんの著書『最速でおしゃれに見せる方法』(扶桑社刊)からご紹介します。

質にこだわる

ホンネスト

「このカットソーは〇〇地方でとれた貴重なコットンを使用して…」、「このパーカーは防水性能と透湿性能に優れていて…」など、質の良さをアピールするセールストークに思わずクラっとしてませんか?

特に男性の皆さん、男心をくすぐるのはわかるのですが、そもそも服を買いに来たのはオシャレをするためだったはずです。

「おしゃれに見える」とは「客観的な見た目」のこと。貴重な素材や、防水パーカーなど、デザインやシルエットに直接影響を及ぼさない「質」を求めることは本来の目的からズレています

高いお金を払って「質」に頼る必要はありません。まずは安くてもいいので「見た目」でおしゃれをしていきましょう。

一系統に偏る

ホンネスト

アメカジが好きなら全身アメカジ、ストリートファッションが好きなら全身ストリート…こういった「一系統に偏る」ことがおしゃれだと思っていませんか?

「全身アメカジで何が悪い! 」と思うかもしれませんが、おしゃれという視点では別の話。一系統に偏ることがおしゃれなら、誰も苦労はしないはずです。

そもそも街着はミリタリーブルゾン、デニム、テーラージャケットスニーカーなど多種多様のアイテムをミックスするもの。

歴史的に洋服を長く着ている欧米人はこの街着のミックスを感覚的に理解していますが、日本人はまだまだなのです。

日本人が守るべき黄金律は「7:3」

ホンネスト

アイテムのミックスで重要なのはドレスとカジュアルのバランス。MBさんはドレスが7カジュアルが3、この7:3が日本人にピッタリの黄金律だと定義しています。

欧米人の場合、5:5でOKなのですが、日本人は真似をしない方が得策。

ドレスは「大人っぽさ」、カジュアルは「子どもっぽさ」を表現するので、もともと体型も顔つきも子どもっぽい日本人は大人っぽさが多めの7:3が理想なのです。

さらに、日本はアメリカの影響を色濃く受けているため、テーラードジャケットレザーシューズなどヨーロッパ的なドレスアイテムは珍しいのでカッコイイという印象を与えてくれます。

このことからも、ドレスが7の多めがベストなのです。