女子力を底上げする“リッチカジュアル”コーデ ポイント3つ

あっという間にもう年末です。この一年の疲れをのんびり癒しつつ、新たな年に向けて気を引き締めたいところ。そこでカジュアルになり過ぎない“リッチなデニムスタイル”に仕上げるポイントを紹介します。

色落ちよりも ホワイトかインディゴデニムがベスト

ホンネスト

新年の挨拶や初詣などもあるので、ラフ過ぎるコーデは微妙。爽やかなホワイトデニムなら、ニットなどのカジュアルアイテムを合わせても、のあるオトナ女子スタイルにまとまります。

ホワイトデニム同様、きれいめな印象にしてくれるのがノンウォッシュのインディゴデニム。ネイビーパンツ感覚で着られるので、どんなアイテムとも合わせやすいです。

今年は太めシルエットが流行ですが、きちんと感を出すならスキニーが断然おすすめ!UNIQLOのヒートテックスキニーフィットストレートジーンズなら、美脚&防寒を同時に叶えられます。

旬のクラッシュデニムは太もも&ひざより裾クラッシュで

ホンネスト

春夏に続きクラッシュデニムが大ブームですが、アラサー世代は太ももやひざのクラッシュより裾が切りっぱなしになっているデザインがおすすめ。

去年までの長いスキニーの裾をくるぶし丈に自分でカットするのもあり。自然とほつれて味が出ます。

太ももやひざクラッシュより寒くないし、さりげなくトレンドもおさえていて感度の高さをアピールできます。

リッチアイテムでセンスUP

ホンネスト

ダウンにデニムにスニーカーでは、いくら正月と言えども怠け過ぎ。

素敵な一年のスタートを切るためには、少しはテンションを上げてくれる要素が必要です。そこで、リッチなアイテムをMIXしましょう。

“リッチ”は高額という意味ではなく、クラシカルなアイテムということ!例えばガウンコートやチャンキーヒール(太めのヒール)の靴、ハンドバッグやスカーフ、ブローチなどです。

一点でもクラシカルアイテムを取り入れるだけで、簡単にリッチカジュアルに格上げされます。

 

老若男女問わず定番のデニムだからこそ、選び方や着こなし方でセンスに差がでます。格上げデニムのポイントをおさえて、新年はデニムでも輝く女を目指してみてください。