読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛すべき残念男子~グローバル男子編~

婚活パーティー・結婚相談所でみかけたこんな人 愛すべき残念男子 婚活

最近は社会の国際化が定着し、外国人を見かけても驚く事はなくなったと思います。それに伴い増えているのはグローバルな人間。

特に、ネイティブ並みに英語を操る男子は、文句なしに三割増でかっこ良く見えてしまうものです。

今回は、そんなワールドワイドな価値観を持つグローバル男子に関する「残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①会話でカタカナの単語が多い

ホンネスト

グローバル男子は英単語をやたら使います。「そのやり方ノーグットでしょ」とか「ちょっとコーヒーブレイクしよう」など、会話の中でちょいちょい英単語を混ぜてきます。

そんな、中途半端な外人男子は正直ちょっと残念です。一緒にいると外人なんだかルー大柴なんだかわからなくなってきます。

ある意味面白い男子ではありますが、恋愛圏外まっしぐらなので、日本人なら日本語でレスポンスするのがベターかと思います。

「残念男子」認定ポイント②喜怒哀楽のふり幅が大きい

ホンネスト

外国人特有のオーバーリアクションを引き継ぐグローバル男子はやっぱり残念。

喜びのリアクションが大きいのはウエルカムですが、怒りのオーバーリアクションは相手の神経を逆撫でするだけ。

地球の裏側まで引いてしまいます。感情が分かりやすい男子というのはかわいいものですが、残念ながら奥ゆかしさを良しとする日本。

いちいちやかましい男子にはこちらも肩をすくめて天を仰いでしまいます。

「残念男子」認定ポイント③恋愛観もグローバル

ホンネスト

グローバルとは、国境もボーダレスに世界を股にかける。恋愛観もグローバルという男子は非常に危険です。

「恋人は一人だけなんてナンセンス」「恋人という枠に縛られずに恋愛したい」などと、全くグローバルではありません!

しかも、そんなレベルの高い発言をする男子ほどお粗末なグローバル男子に多いのです。

ただ単にモテないから全てのチャンスを物にしたい雑食男子なだけだろ! と叫ばずにはいられない。恋愛観がグローバルな破天荒男子は非常に残念なのです。

 

一緒にいると自分の世界も広がりそうな魅力溢れるグローバル男子ですが、一歩間違うと女子の大敵。「残念」要素はさじ加減でいくらでも排除できますので、ご注意していただきたいものです。