【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~男性がドキドキする“朝のひと言~

気になる男性に、まずは自分のことを意識させる。2人の距離を縮めるためには、それが一番重要です。 焦って一気に想いを告げる前に、とにかく意識をさせて距離を縮めた方が、恋が叶う確率も高くなってくることでしょう。

そこで今回は、拙著『男は耳で恋をする』の中から、急激に男性にあなたのことを意識させることができてしまうフレーズ、『昨日、○○くんが夢に出てきたよ』を紹介したいと思います。

あわせて読みたい:【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~アナタの可愛さを3割増にする一言~

「好きな人だから夢に出てくる」と男性が思っちゃうフレーズ

好きな人が夢に出てくる。誰しもが一度は経験したことがあるはずです。経験したことがあるからこそ、「夢に俺が出てきたってことは…」と、すぐに恋愛に直結されるフレーズなのです。

「もしかして俺のこと…」と、男性が勝手に思い始めてくれればもうこっちのもの。相手が自分のことを好きなのかもと思ったら、男性もその人のことを意識せずにはいられなくなるはずですよ。

男性が勝手にどんどんと妄想を膨らませてしまう

さらに、「どんな夢だったの?」と男性に聞かれた場合は、「内緒です」などとやや含みを持たせて答えるのがベスト。これだけで男性のドキドキ度は一気に急上昇することでしょう。

男性が好きな女性の夢を見る場合は、大抵エッチなシーンであることが多い。だからこそ、含みのある答えに、男性の妄想はどんどん膨らむばかり。その日はずっと、あなたのことを考えてしまっているかもしれませんね。

中身がわからないからこそ意識しちゃう心理

朝、会社などで気になる男性に会ったら、「おはよう」と挨拶をした後に、元気よくこのフレーズを言ってみましょう。あくまでも夢の内容は語らず、思わせぶりに…

少なくともその日一日は、詳しい中身がわからないからこそ、彼はあなたのことが頭から離れないはず。男性からすると、気になってしまう存在になっているというのが本音でしょう。 まずは少しずつでも意識させて、ジワジワと距離を縮める。恋愛にとっては重要な戦術でもありますよ。

 あわせて読みたい:【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~間接的に告白する一言~