読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男がゲンナリする女の口癖~男に「友達に紹介したくない」と思われる一言~

彼氏彼女の恋愛心理学 男がゲンナリする女の口癖 恋愛

気になる男性と一緒にいる時。ふたりの会話を盛り上げて仲良くなろうと様々な話題を出すことでしょう。

しかし、中には男性が望んでいない話題もあり、アナタの好感度下げるだけでなく、危機感をも感じさせてしまうものがあるのです。

そこで、男性が危機感を感じ「友達に紹介したくない」と思ってしまうフレーズ、『実はあの子って…』を紹介したいと思います。

男性は女性の悪口を嫌う

ホンネスト

男性が女性に求めるものは、優しさだったり母性だったりするので、それとは真逆の悪口暴言はできることなら聞きたくないのです。

『実はあの子って…』というフレーズは、アナタの身の回りにいる人を否定する言葉です。

男性仲間意識強い生き物。なので仲間を否定することは男性にとってはあり得ないことなのです。

なので、アナタの仲間に対する悪口を聞いた途端、彼は驚くと同時に引いてしまい、信用できない女性と認識してしまうでしょう。

友達を紹介することに危機感を覚える

ホンネスト

男性は家族や友人などを守りたいという思いがとても強いです。

なので『実はあの子って…』といった、仲間を裏切るようなフレーズが理解できなかったりします。

ストレスが溜まっているから、この人なら信用できるから……など悪口を言うことに理由をつけ、思わずこのフレーズを発してしまうこともあるかもしれませんが、口にした時点で彼からの信用を失うと思って下さい。

仲間の悪口を言う女性は、自分の仲間の悪口も言うに違いない。

そう思った彼は自分の仲間を守りたいがゆえに、アナタを「友達に紹介したくない」と思うのです。

彼の悪口に便乗してはいけない

ホンネスト

時には男性の方から、『実はあの子って…』と悪口を聞かされることもあるでしょう。

しかし、それに便乗して悪口を言うのはやめましょう。彼をフォローしたつもりで言ったことであっても、男性はその発言を快く思いません。

とても身勝手な話ではありますが、その時男性が求めているものは悪口を言う仲間ではなく、聞き役

なので、たとえ同意を求められたとしても、頷いて悪口を受け流しましょう。それが男性が求める女性像なのです。

 

飲み会などの席で愚痴をこぼして盛り上がる程度であれば問題ないのですが、ふたりきりの時に『実はあの子って…』と言ってしまうと悪い意味で真実味が増してしまい、アナタの印象が悪くなってしまうことは否定できません。

そもそも悪口を言って得をすることはないので、口癖になってしまっている人は、このフレーズを飲み込むようにして下さい。