【ネット婚活】モテ女のためのファッションテク ~2016年は流行色「ピンク×ブルー」で~

世界の流行色を決める米パントン社が「2016カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表。選ばれたのは、淡いブルーの“セレニティ”とペールピンクの“ローズクウォーツ”

ファッションの流行「ジェンダーレス(男女の境界を越える)」を反映した選定はまさに最旬。さっそく、この2色を使ったミックスコーデが注目されています。

初級編・・・ブルーデニムを味方にして

ホンネスト

淡いブルーで、私たちにもっとも身近なアイテムがブルーデニム。シルエットは、スキニーでもボーイフレンドでも何でもOK。淡い色味がポイントです。

このブルーデニムを、まずは着こなしのベースにするのが簡単。今ならばペールピンクのニットやブラウスを合わせるだけで最新のスタイリングに。

一見難しそうなカラーコーディネートですがパステルカラー同士なので意外としっくり。ダークな色味が多い冬に際立ち、一歩先行くおしゃれが見せられます。

中級編・・・ピンク小物を投入

ホンネスト

「ピンク×ブルー」のスタイリングで買い足すとしたら、ピンク小物。バッグやパンプスなど少量のピンク投入でも、コーディネートに活躍します。

デニムのシャツ×パンツ、ブルーのコットンワンピなど全身ブルーはそんなに難しくないですよね? その定番のスタイルに今年はピンク小物を合わせましょう。

また、できれば羽織るコートも淡いブルーやブルーグレーを。「ピンク×ブルー」コーデには、出来るだけ他の色味を入れないことが成功の鍵です。

上級編・・・ピンクをメインにしたコーディネート

ホンネスト

おしゃれ上級者におすすめなのが、ピンクの分量が多いスタイリング。ピンクの印象が強いと、女らしさもぐんと上がるのでモテ女に最適です。

とはいえピンクが多すぎると甘すぎて、“ジェンダーレス”から離れてしまうので、ピンクとブルーの割合が6:4くらいがいいバランス。

例えば、ピンクのスカートにブルーのシャツ、ピンクのワンピースにブルーのニットカーデなど、絶妙な分量で合わせてください。

 

今年、大注目の「ピンク×ブルー」のスタイリング。ビッグトレンドになる前に、着こなし術をマスターしておきましょう。