オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~歯茎編~

あわせて読みたい:オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~たらこ唇編~

突然ですが、ガミースマイルって知ってますか? ガムとは英語で歯茎のこと。つまり、歯茎が見えるスマイルのことなんだそうです。

ガミースマイルって響きは良いですけど、アメリカではネガティブなイメージで考えられているようです。

確かに日本でも歯茎の主張が強い女性には「グッキー」みたいなあだ名がつけられますもんね。

しかしですよ、本来見えない一部分が露わになっているって、グッときませんか? 歯茎が見えちゃってるのって、そんなに悪いことなんでしょうか?

小学生時代のトラウマが笑顔を奪う

ホンネスト

歯茎が見えることにコンプレックスを持つ原因は小学生時代にあるようです。たらこ唇などと同じですね。

子どもなので人を傷つけることを軽々しく言ってしまえるのですが、言われた方は大人になっても引きずってしまうもの。

その結果、笑う時に手で口をおさえたり、ひどい場合はろくに笑えなくなる人もいるんだそうです。

笑顔を奪うなんて、非常に恐ろしいコンプレックスだといえるでしょう。

しかし、本人が思っているほど気にしている人は少ないもの。言われて初めて、「たしかに見えている面積が人よりは多いかもしれない」と気づく程度。

大人になれば、個性の一つとして受け入れられるのです。

歯茎が見える笑顔は、本物の笑顔!!

ホンネスト

僕は歯茎が見える笑顔をしてくれる女性に非常に好感を持っています。というのも、それは心からの笑顔だとわかるから。

普段は手でおさえたり、あまり笑わないようにしている女性が、コンプレックスも忘れて大きな笑顔を見せてくれているのですから、それは疑いようもない心からの笑顔なんです。

たいして面白くないことにも、上手に笑ってくれる人もいいのですが、やっぱり心からの笑顔に勝るものはありません。それが見たいがために男は頑張ってしまうのです。

歯茎は美しさを損ねない!!

ホンネスト

さらに言えば、歯茎が見える笑顔ってとてもチャーミングだと思うんですよね。無邪気さを感じませんか?

実際、ガミースマイルの芸能人を検索してみると、今を時めく女優が沢山いました。むしろ、カワイイ笑顔の代表とさえ言える気がしてきます。

少なくとも、歯茎が見えていることで、女性の魅力が損なわれることはありません。

キレイな人は歯茎が見えていようがキレイなのです。女の一番の化粧は笑顔という言葉もありますから、キレイでいるためにも素敵な笑顔を見せ続けて下さい!!

あわせて読みたい:オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~口下手編~