女子に捧ぐ! これが男子のゲンナリフレーズ~男をイラつかせる一言~

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男性が自分の性的魅力を疑うひと言~

男性が思わずイライラしてしまう。女性の何気ない言葉で、そんな状態になってしまうことはよくあります。女性は別に大した意味もなく発している言葉なので、なおさら男性のイライラは増してしまうのです。そこで今回は、拙著「男は耳で恋をする」の中から、男性のイライラを増幅させてしてしまうフレーズ、『鈍感だよね』を紹介したいと思います。

男性にとってはただ困ってしまうだけのフレーズ

そもそも何に対して鈍感だと言っているのか。あまりにも意味合いが広すぎて、言われたところで男性が困ってしまうだけのフレーズなのです。『鈍感だよね』というフレーズは、女心を理解してもらえなかった時などに、言ってしまいがちです。でも、男性が女心を理解することは、はっきり言って不可能ですので、この言葉自体も理解不可能なものになってしまうというワケです。

思い通りにならない男性に安易に言ってしまいがち

また『鈍感だよね』というフレーズは、女性の思い通りに事が運ばなかった時に、男性に対し捨て台詞のように使ってしまいがちです。しかし女性には「鈍感」という言葉に対する明確な理由や理論などがあるわけでもない。発している本人がそうなのですから、言われた男性からすると、どうしたらいいかわからなくなってしまうのです。

鈍感ではない場合は「細かい男」だと言われてしまう

こと恋愛においては、男性自身も、自分が女性よりも鈍感だということは百も承知です。だから、この言葉を言われると、「仕方ないじゃん」という思いになり、それはイライラにも変わっていってしまうのです。また、もしも「鈍感」ではなく「敏感」であった場合は、女性からは「細かい男」だと言われてしまう。それでは男性のイライラが募っていくのも当然のことであると言えるのではないでしょうか。

 

男性に対して抱く「鈍感」という思いは、心の中に留めておくべきです。口に出して、直接男性に投げかけても、お互いに嫌な気分になってしまうだけなのです。

 あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~破局を招く一言~