男がゲンナリする女の口癖~男が恐怖を感じる一言~

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~男が“重荷”だと思う一言~

好きな人ができると、頻繁に連絡を取りたくなってしまう女性は多いのではないでしょうか。しかし、連絡の催促が行き過ぎてしまうと、男性に「重い」と思われるどころか、恐怖心を抱かれてしまうこともあるのです。

そこで、男性が恐怖を感じるフレーズ『連絡するって言ったくせに…』を紹介したいと思います。

男性にとって「また連絡する」は単なる社交辞令

ホンネスト

デートの別れ際、男性は「また電話するね」、「近いうちに連絡するよ」と言うことがあります。

女性にとっては次の約束ができたようで嬉しいと思いますが、実はこの言葉、男性にとっては社交辞令なのです。

男性が挨拶と同じような感覚で言っているにもかかわらず、女性は真に受けて、連絡が来ないことに不安になってしまいます。

この双方の認識の差があるのにも関わらず、『連絡するって言ったくせに…』と言ってしまいがちですが、男性はこのフレーズを聞くと恐怖を感じてしまうのです。

感情に身を任せるのは危険

ホンネスト

男性は『連絡するって言ったくせに…』と言われると、してもいない約束を破ったと責められているような気持ちになってしまいます。

そして、その女性のことを「重い」と感じるどころか、「怖い」とさえ思い、会うことすらも拒むようになります。

また、男性が「これから連絡しようと思っていたのに…」と逆に怒りを感じるケースもあります。

彼なりのペースで女性に応えようとしていることも考えられるので、感情に任せてこのフレーズを言ってしまうことは、かなり危険な行為です。

「重い女」のイメージは覆せない

ホンネスト

「重い女」は、男性にとって最も苦手なタイプ。あまりにも連絡を催促する女性は、男性に「重い女」と認定されて、そのイメージを払拭することはかなり難しくなります。

さらに恐怖まで感じたとすれば、せっかく築いた信頼を一気に崩壊させることもありえます。

 

もし、『連絡するって言ったくせに…』と言いたくなっても、ぐっとこらえて、『連絡をもらえなくて寂しかった』など、感情と一緒に伝えてみましょう。彼を愛おしいと思う気持ちも、伝え方次第で良い方向にも悪い方向にも変わるのです。

あわせて読みたい:男がゲンナリする女の口癖~鳥肌が立ってしまう一言~