女子がイラッとくるLINEのやり取り4つ

気軽に連絡先を交換できるツールとして役立つLINE。

あまり興味がない男子に聞かれても「LINEであれば別に良いかな」と思う女子は割りと多いと思います。

それゆえに、LINEで苛立つ場面も多々あるようです。そこで「イラッとくるLINEのやり取り」4つをご紹介したいと思います。

イラッとくるLINEのやり取り①既読スルー/未読スルー

ホンネスト

男女問わず既読スルーはむなしい気持ちになるのではないでしょうか。

できれば数時間以内には返して欲しいですし、時間帯が合えばLINE上で会話をしたいものです。

仕事中であったり文面考え中であったりしても、翌日には返信して欲しいところ。

また、未読スルーに関しては論外。相手に全然興味が無くなったとしても、それなりの対応はして欲しいと思ってしまいます。

イラッとくるLINEのやり取り②スタンプだけで会話を成立させようとする

ホンネスト

会話の流れでスタンプが出てくるのは親しみを持てるので良いと思いますが、スタンプだけで会話をされるとバカにされたような気持ちになります。

女子が喜ぶと思って多用していると、マイナス印象を与えるので注意が必要です。

また、スタンプの種類が度々変わるような人は「浮気性なのかも」と思いますし、課金スタンプに関しても「無駄遣い激しそう」と思ってしまいます。

イラッとくるLINEのやり取り③即レスで会話を終わらせてくれない

ホンネスト

LINEした時にすぐに返事が返ってくると、今相手もスマホを見ているんだと思ってちょっと嬉しくなりますし、LINE上で会話が弾みやすくなります。

しかし、常に即レスで会話が長々と続くと内心イラッ…。

失礼にならないよう気遣っているのかもしれませんが「長々とスマホをいじっている男子ってどうなの!?仕事しろ! 」と思ってしまいます。

イラッとくるLINEのやり取り④短文の連投

ホンネスト

個人的には一番苦手な短文の連投。LINEの着信音を設定している場合は、迷惑この上ないのではないでしょうか。

気を引きたいのか、もったいぶっているのか「何故一気に文面を送らない!?」と女子にとっては理解不能です。

ちなみに私の友人男子は、逆に個人ブログかと思うような超長文のLINEをたまによこしてきますが、それも正直イラッとしてしまいます。やはり、何事もほどほどが良いのです。

 

手軽な連絡ツールだからこそ恋のチャンスが芽生える反面、マイナスになってしまう場合もあります。上手に使って良い方向に繋げたいものです。