読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッターの本音 ~ビリフレ~

恋愛・婚活あるある男女 婚活

『ビリフレ』とは「リハビリフレンド」の略で、辛い失恋から立ち直らせてくれる異性の友達のこと。

次の恋への練習になり、『ビリフレ』から恋愛に発展するケースも多いと言われている。新しい男女関係『ビリフレ』の実態は?

“風邪とか最悪 冬休みラストにこんなのあり? 彼女もビリフレもいないし(´・c_・`) あー看病されたい”

心や体が疲れている時、ずっと一人でいるのはつらい。誰かにそばにいてほしくなるものである。

“ビリフレってあるんだ 笑 ちょっと良いかも 笑”
“いいかもしんないデートしてもらおう”
“ま、まさしく、私が欲しがっていたもの。ビ、ビリフレではないですか!”

『ビリフレ』を必要としている人々。現代人の心は傷つきやすく、癒しを求めているようだ。

“「都合のいい男」とも言えるが、ウィンウィンの関係であれば問題ないとも言えるか…?”
“ビリフレの都合のいい男感wwwwww9”

『ビリフレ』とは単に「都合のいい男」ではないかとの指摘もある。男性側も楽しいのなら何の問題もないが、ただ利用されているだけなら気の毒でしかない。

“確かに一人寂しい夜はあるから(笑)ソフレのメリットとか、失恋直後のビリフレのメリットとかは分からんでもないけど、絶対どっちかが相手好きになってしまうから(私も絶対好きになってしまうタイプ笑)現実無理やと思うわ(笑)”
“ビリフレってどうせ次の彼氏候補でしょ(笑)”

純粋なリハビリなどあり得なくて、『ビリフレ』は既に次の恋愛のはじまりだとする意見もあった。確かに、次の彼氏になり得るぐらい仲良くなければ『ビリフレ』の関係も成立しにくいだろう。

“思い返せばこういう使われ方の多い昨年でしたね…全部食べちゃったけどねw”
“私が皆様のビリフレになります。もちろん話を聞いてるうちに心を開いてあわよくば…狙いです(^^)”

こういうあくどい考え方をしている男性も少なくない。女性の皆さん、お気を付けを。

“ソフレとかビリフレとか色々出てきたけど男女の友達にわざわざ名前つける必要あるんですかね、なんか誤魔化したいようなやましいことでもあるのかな”
“なんやビリフレって!なんでもフレンドてつけたら許されるわけちゃうぞ!!!”
“ビリフレってなんですか リハビリフレンド() なんでもフレンドフレンドして略せばええんちゃうんやで!”

わざわざネーミングすることを疑問視する声も。ちなみにソフレとは「添い寝フレンド」である。

“「辛いときにサヤカがいてくれてほんとに助かりました」と、改めて御礼を言われた。 大切な友達の、ビリフレになれたようでよかった。 昔の私だったら無理だったと思うけど、精神的支えになれたいまの私は、成長したんだなぁと思う。”

『ビリフレ』の経験を通じて自分の成長を認識することもあるらしい。世の中、ドロドロした話ばかりではないのだ。

 

『ビリフレ』はあくまでも友達で、次の彼氏候補ではないとしたら、『ビリフレ』と『彼氏』に求められるものの違いは一体何だろうか。