読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男が女性から言われてみたい告白パターン5つ

彼氏彼女の恋愛心理学 恋愛

基本的に男だって好きな女性には自分から告白しなければとは思っています。ただ、傷つくのが嫌なのは男女ともに同じではないでしょうか。

そこで今回は飲み仲間の男4人が「俺たちがされたい女性からの告白」について、男性特有の目線と独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

イケメンでもない限りそうそう言われることもありませんので、他愛のない男の妄想だと思ってお聞き流しください。

「勝手に好きになってゴメンね……」

ホンネスト

これは男であれば一度は言われてみたい! と、声を大にして言える女性からの告白だという意見でまとまりました。

彼女はずっと悩んでいたのです。オレ(男子)のことで。

本当はいい関係の友だちを続けようと努力していたんです。でも、もう無理なんです。

だって好きなんですから、オレ(男子)のことを!!

これはふたりで歩いている時、ちょっと女性が悩みでも抱えているような深刻な感じで唐突に言われたいものです。「出会わなければこんなに辛くなかったのに……」とか付け足されたら鉄板です。

「はぁ? 好きに決まってるし……」

ホンネスト

このギャップ萌えは男子の大好物という意見となりました。

なので、できれば普段からツンツンしていてください。男子にちょうど良い加減で手間をかけさせてください。振り回してみてください。

そのうち男はキレ気味で「オレのことなんだと思ってんだよ」とか「なに考えてんだよ」なんて言いますので、そうしましたら顔をそらしてこのセリフを言ってみてください。

もちろん、語尾はだんだん落として最後は聞こえるか聞こえないかくらいでお願いいたします。頬を赤らめていただければ完璧です。

途端に男はニヤニヤ&シドロモドロとなりますので、「もう、知らない」とか言って後ろでも向いて男子がついてこられるスピードで歩いてみてください。

もれなく慌てて追いかけてくることでしょう。

「好きじゃない人とは遊ばないよ」

ホンネスト

はっきりしていて非常に好感がもてる告白だということで意見がまとまりました。

ちゃんと他の男とオレ(男子)は違うんだということがしっかりと伝わってきます。なおかつ彼女は他の男性にホイホイ着いてはいきません。

「アナタは特別なんですよ」と申告してくれているわけで、男にとってはこれほど力強く、勇気をもらえる告白はないのです。

何度目かのデートの時に、少しはにかみながら笑顔で言ってくれたらGoodです。

「好きになったらダメ?」

ホンネスト

ダメなワケがありません。どんどん好きになってください。

この了承を得ようと聞いて男性を優位にたたせるあたりが男のDNAを非常に刺激してきます。脊髄ビンビンです。

少し上目遣いで言おうものなら二つ返事でOKがかえってくることでしょう。

直球勝負「好きです」

ホンネスト

いろいろと女性からされたい告白はありますが、やっぱりメジャーリーガー並みの超ド級のストレートも悪くないものです。

多くの男たちは駆け引きナシの真っ向勝負が大好きです。心を込めて言ってください。

 

このように女性が色んな形で勇気をもって告白してくれたら、男たちはきっとその想いを受け止めてくれることでしょう。

そして今回の答弁で男たち4人に共通した想いは「告白されないかなぁ~」という他力本願たっぷりな思いなのでした。