【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~男性に既読スルーさせない一言~

好きな男性とLINEでやり取りをしていて、メッセージを読んだにも関わらず返信が来ない“既読スルー”に落ち込んでしまった経験のある女性は多いのではないでしょうか。

送った言葉がよくなかったのか、タイミングが悪かったのか、思い悩んだ挙句しつこく連絡をしてしまい彼に嫌われるなんてことは避けたいものです。

そんな悩みを解決し、男性に既読スルーをさせなくするフレーズ『連絡がないから心配しました』を紹介したいと思います。

あわせて読みたい:【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~“甘酸っぱい恋”が始まる一言~

男性が罪悪感にかられるフレーズ

ホンネスト

女性と違って、男性はこまめなLINEのやり取りはあまり好みません。

男性はコミュニケーションツールというよりも、連絡手段としてLINEを使っているので、頻繁に連絡を取ることが苦手です。

大切な用事でなければ、既読スルーしてしまうことも大いにありえます。

そんな時、『連絡がないから心配しました』と言われた彼は、既読スルーしたことで、アナタを心配させてしまったと罪悪感を持ちます。

その罪悪感から少しずつ返信を心がけるようになり、LINEのやり取りも次第にスムーズになっていくでしょう。

寂しがりやのアナタを守ってあげたくなる

ホンネスト

LINEを既読スルーされてしまった女性は返信が来ないことにやきもきして、相手の男性を責めてしまいがちです。

しかし、感情任せに責めれば男性の心証を悪くしますし、けんかに発展して彼に嫌われてしまうこともありえます。

そこで、このフレーズ『連絡がないから心配しました』を使って寂しがりやという印象を与えましょう。

相手を責めるのではなく、「心配」というワードを使うだけで繊細な女性を思わせ、男性はアナタを守ってあげたいと思うでしょう。

寂しがりやのアナタからの連絡ですから、彼は返信に使命感を覚え、既読スルーをすることも少なくなるでしょう。

さりげなく伝えることがポイント

ホンネスト

男性がLINEで既読スルーをするときは、意図的に無視をしようと思っているわけでなく、仕事が忙しいなど、大抵の場合は理由があるものです。

そこで、電車で移動している最中や昼休みなど、彼のな時間を見計らって連絡することを心がけましょう。

その時、彼からの連絡が途絶えているのであれば、まずは絵文字やスタンプなどを使いながら“会話をしていて楽しい女性”を演じましょう。

そして彼とのLINEが続くようになってきた時、「あの時は『連絡がないから心配しました』」というフレーズを言ってみて下さい。

会話をしていて楽しい唯一無二の存在のアナタに心配をさせてしまった…。その後悔の念から彼は、既読スルーどころか、アナタからのLINEを待つようになるでしょう。

 

連絡の催促は男性から敬遠されがちですが、言い方を少し変えるだけで胸キュンフレーズになります。LINEはコミュニケーションツールではなく一種の恋愛アイテム。上手く使いこなせばアナタの武器になってくれるでしょう。

あわせて読みたい:【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~彼の頭の中を独占する言葉~