読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッターの本音 ~カレー系男子~

恋愛・婚活あるある男女 婚活

『カレー系男子』とは、社交的で、優しいけれどきちんと叱ることもでき、一緒に過ごすうちに味わいが出てくる男子のこと。

カレーが好きな男子のことではないのだが、ツイッターでは案の定、勘違いした人が大勢を占めた。

ホンネスト
“僕のことかと思ってたけど違った”
“カレー食べ歩きマンのことでは無いのか…難しいな…”
“カレー系男子ってカレーめっちゃ好きな男の人かと思ったのに、、、”

2016年は『カレー系男子』が来ると聞いて喜び、真の意味を知ってがっかりする、という人がかなりの数に上った。

“2016年はカレー系男子なるものがトレンドらしいぞ。ついに来た俺の時代。”
“はい!来ました! 2016年はカレー系男子! (゚∀゚)キタコレ!!”
“あれ。僕が2016年のトレンドになりそうです。”

『カレー系男子』を自覚している人は多い。ただ、それが「社交的で~」の意味なのか、単なるカレー好きなのかは定かではない。

“あっこの子も好きな食べ物カレーww 好物がカレー系男子をいつも好きになる謎w”
“カレー系男子もなかなかよろしい”
“え、カレー系男子笑顔ステキだ”

実は「ただのカレー好き」も結構人気がある。少年っぽさが女性を惹きつけるのだろう。

“カレー系男子ってなんやねんこじつけか こじつけ系男子か”
“カレー系男子がトレンドに喜んでしまった自分に腹が立つし 内容見たら普通にモテそうな人が、モテるよ!って書いてあるようにしか見えなくてさらに腹が立ってる さようなら”

それだけハイスペックならモテるのは当たり前、という指摘も。確かに『カレー系男子』がモテるということに意外性はない。

“カレー系男子もいいけど、 変わらずカレーを愛していきたい2016年。”
“カレーのようにコミュニケーション能力が高いというよりはカレーをきっかけにコミュニケーションをとる、よりリアリティの高いカレー系男子でありたい。”
“カレー系男子…!ちゃんとカレー作れるようになります!(笑)”

料理はモテの重要ステータス。そしてカレーは料理の基本。社交性に自信がない男性諸氏も、カレーを作って振る舞えば会話の糸口が見つかるはず。

 

あまりにも勘違いされやすいので、新たに造られた意味で『カレー系男子』という言葉が定着することはなさそうだが、とにかくみんなカレーが大好きということがわかった。