【ネット婚活】彼女に言ってみたいモテフレーズ ~三重県編~

紀伊半島の東側に位置する三重県。伊勢神宮があり、日本古来の歴史が根付きながら、西洋の風物にも触れられる文化的な地域である。

そこで、調査のプロであるリサーチャーさんが、奥深い三重県のオススメスポットを教えてくれた。各スポットで知的なモテフレーズを言って彼女をときめかせよう。

「倭庵 黒石(やまとあん くろいし)」の脱皮伊勢海老

ホンネスト

プリプリの伊勢海老は、年に数回だけ殻を剥かずに食べられるタイミングがある。それは脱皮する瞬間だ。

「倭庵 黒石」では、堅い殻を脱いだ瞬間の貴重な「脱皮海老」を取り扱っており、中に詰まった濃厚な味噌に丸ごとかじりつくことができる。

ちなみに、伊勢海老は寒くなると、暖かいところを求めて1週間寝ずに50kmもの距離を歩くらしい。

その際は外敵から身を守る為に、仲間と一列になって行進する珍しい光景が見られる。

【モテフレーズ例】 君に会う為なら、僕は伊勢海老のように、50kmでも100kmでも不眠不休で歩き通してみせるよ。

ルーブル美術館の本物の彫刻から型取りした「ルーブル彫刻美術館」

ホンネスト

数多くの貴重な美術品が収容されている、パリのルーブル美術館。

その複製品を、榊原温泉口駅からほど近い山の麓にある「ルーブル彫刻美術館」で鑑賞することができる。

初代館長の竹川勇次郎さんは、ルーブル美術館を訪れた時、数々の美しい作品に強い感銘を受け、フランスの芸術を日本で広めたいと交渉を続けた。

その結果、熱意が通じて本物の作品から石膏で型を取る許可を得たという。

このルーブル彫刻美術館には、大英博物館が所蔵するロゼッタストーンもある。

ロゼッタストーンは、紀元前200年頃に造られたもので、古代エジプトのヒエログリフ(神聖文字)解読のきっかけとなった石碑の一部だ。

【モテフレーズ例】 世界中のどんな美術品よりも君は美しい。複製なんてさせない、君は僕だけのものだ。

志摩市のリゾート「志摩地中海村」

ホンネスト

異国情緒あふれる街並みが見られる「志摩地中海村」。元々は地元の名士たちがスペインやイタリアを模して作ったもので、現在は別荘型リゾート施設として開放されている。

設計したのはスペイン人の建築デザイナーで、家具や資材もスペイン産にこだわっている。

SNSなどの口コミを通じて観光客が年々増加していて、2015年のゴールデンウイークには前年の2~3倍の人手で賑わった。

現在も国内にいながらスペインの風を感じられるスポットとして、注目を集めている。

【モテフレーズ例】 アメリカ大陸を発見したコロンブスはイタリア出身で、出港したのがスペインだったね。君との出会いは僕にとって新大陸発見ぐらいの出来事だったよ。