婚活に効く!女心講座:料理が好きすぎて「残念男子」に認定されないように!

近ごろ料理大好きな男子が増えているそうです。食物の成分にも詳しくてあれこれ頑張っている男子。「料理好きな男子っていいだろ?」なんて、イベントのたびにやたらと凝った料理を周りにふるまったりしていませんか?今回の「婚活に効く!女心講座」では、料理好きな男子が陥りがちな「残念男子」に認定についてご紹介します。

f:id:yuio1o3:20161205132432p:plain

好かれるはずのクッキング男子にはこんな落とし穴!

女子は一般的に料理が得意な男子が好きと言われます。「クッキング男子」は“二割増し”で素敵に見えるとのこと。

 「そら見ろ~。だから俺はクッキング教室通っているんだよ」

「最新の調理器具もそろえるぜ!」

 はいはい。皆さん立派なクッキング男子ですね。きっと“二割増し”に見られるはずでしょう。しかし、そこには思わぬ落とし穴があるようなのです。知ってますか? この格言。

『女子は何事にも“ほどほど”を好む』

今回は、そんなクッキング男子が「残念男子」に認定されてしまうポイントを紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①材料をダメにする無駄野郎

料理を始めたばかりの人が陥るのは、「材料を持て余して結局捨ててしまう」という残念な行為です。クッキング男子は、女子に手料理を振る舞うのが大好き。自宅の冷蔵庫にはいつも使いきれなかった食材がパンパンに入っていることが多いのです。

 食費を切り詰めて服や美容に出費している女子からは、「こんなムダ野郎だったのか」と「残念男子」に認定されてしまうのですね。

「残念男子」認定ポイント②キッチン掃除はできない料理好き男子

料理という行為のみが好きなだけで、掃除はひどくズボラな男。あなたのことではないでしょうか? 美しく盛り付けられたおいしい料理と彼の笑顔の向こう側に見える汚い台所。そんな汚い道具で料理しているのか!と女子が思うと料理も台無しです。

女子としては夏場の台所を想像しただけで、ゴキブリ問題を考えてしまうのです。また、料理と台所のギャップから、二面性のありそうな性格も予想してしまい、「残念男子」認定です。

「残念男子」認定ポイント③凝った料理しか作らない基本無視男子

料理好きと自ら名乗る男子の大半が、凝った料理ばかりに狙いを定めすぎて、基本的な料理ができないなんていうのは、よくある残念話。これは痛いですね。 

そういう男子に限って普段は全く料理をせず、女子を家に呼ぶ口実として料理の腕を磨くという不純な動機が動力源。そのためか、凝った料理の腕は磨くけれど、和食などの基本料理をバカにして勉強しないわけです。これではみばえが良くても「残念男子」認定です。

女子はニコニコしながら、男子の内面をのぞき込んでいるのですよ。下心を持って料理に奮闘したところで、「この人、家事に理解があるようで全くない上っ面だけの男子じゃん」と見抜かれてしまうので要注意。

とまあ、残念が連発してしまいましたが、本来、女子にとっては料理を一緒に楽しめる男子とはいいパートナー候補なので、残念な要素を取り除き、クッキング男子として自分を磨くのはウエルカムだそうです。何とも勝手なことばっかり言われているようですが。

女子大好きのスーパーフード、あんまり詳しすぎても残念!

もうひとつ、女子が大好きなものに詳しすぎて、「残念男子」に認定されてしまうケースがあります。それは「スーパーフード男子」です。

「俺はスーパーフードには結構詳しいよ!」

「毎日、朝はお手製のスムージーを飲んで肌がツルツルだぜ! 彼女にも作ってやりたいな」

はいはい。それは大変結構です。女子はスーパーフード大好き。しかし、そこに「残念男子」に認定される落とし穴があることをご存じですか?

「残念男子」認定ポイント①女子よりも美容の知識が豊富

チアシードだのココナッツオイルだの、女子力を少しでも上げたい女子にとって、美容に良いとされるスーパーフードに関する情報はのどから手が出るほど知りたい情報なのです。しかし、それを女子に吹聴すると「残念男子」に認定される可能性が高い! 

しかも、そう言っている男が女子よりも肌がキレイだったり美しい顔立ちだったりだと、女子はいたたまれない。女子力が高い男子は、友達としては重宝されますが、男女の関係になるにはハードルが高すぎると女子は引いてしまうのです。

ここでまた格言を思い出しましょう。

『女子は何事にも“ほどほど”を好む』

「残念男子」認定ポイント②女心をつかむのがうまいが、心変わりも早い

女子が興味のある話題に詳しいスーパーフード男子は、女心のツボ的なものをよく熟知していると女子は判断します。「女子のハートを射止めるのが上手」。そう思われるかもしれません」

「何だ! 全然“残念”じゃないじゃん」

いやいや。そこが女心のむずかしいところ。女子にとってはいつの時代も一途な男子こそが一番魅力的。いつ心変わりされてしまうか、不安を抱きながら付き合うのはゴメンだと考えています。

昨今のスーパーフード事情を考えてみましょう。次々と新しいものが入ってきますね。しかし女子にとって、次々と心変わりしてしまう男子はやっぱり残念です。本気になった途端にサヨナラなんて悲劇ではありませんか。なので、あんまり詳しすぎるスーパーフード男子は「残念男子」認定される可能性があります。自分が詳しくても、たまには彼女に花を持たせましょう。

「残念男子」認定ポイント③はやりものばかり追いかける

美容に敏感な男子は必ずと言って良いほどファッション雑誌や美容系の雑誌を愛読し、ネットでも情報収集しつつ、美容仲間とも情報交換し合い、常にアンテナを張って流行に敏感です。

「だろ~。一緒にいたら流行をいち早くゲットできて自分もキレイになれそう…なんて、女子は思ってくれるだろ!」

いやいや、流行りものばかりを追いかけるあなたの背中は、女子からはとても薄っぺらく見えてしまいます。美容の流行なんかよりも、私を追いかけて欲しいと思っているんですよ、女子は。

スーパーフードを愛好するのも、詳しくなるもの大変いいことでしょう。しかし、あんまり女子力高い男子は逆に引かれてしまうものです。

男は物事を突き詰めがちです。詳しくなったら、あちこちに腕前や知識を披露したくなるものです。もちろん、喜んでくれる女子もいるでしょうが、「何この人!女子力高すぎて引くわ~」「何この人! めんどくさそう」さらには、「料理好きだと言ってるわりには、ムダが多いし、掃除しないし、基本できてないし」なんて思われ、「残念男子」に認定されないよう、ほどほどに!

 

以上