婚活に効く!女心講座:「みんなに優しい」そんなことで「残念男子」認定なんてあり?

 「女性には優しく」。ところが度が過ぎると「残念男子」認定されてしまうという衝撃の事実を知っていますか? なんで優しくしているのに“残念”扱いなんだよ~と怒るあなた。今回の「婚活に効く!女心講座」でその本音をのぞいてみてください。意外なところに失敗の罠が潜んでいます。

f:id:yuio1o3:20161205135358p:plain

 優しさもほどほどにしないと「残念男子」認定かも

「女性には優しく」「レディーファースト」と、日々心がけている男子の皆さん。たいへんけっこうなこと…と言いたいところですが、実はほどほどにしないと「残念男子」認定されてしまう恐れがあるのです。

男子の思いはさておき、女子は「一緒にいて自分が幸せかどうか」で判断を下します。なので、どんなに男子が気を配ったとしても、「残念男子」認定されてしまうことがある。それが現実なのです。

レディーファースト精神が身につき過ぎた人を、女子が「優し過ぎる残念男子」と認定するポイントを知りましょう。

「残念男子」認定ポイント①自分の意見を言わない

いつも自分の話しかしないような、自分大好き、あるいは我が強過ぎる男子は困りものです。しかし、いつも男子に「別に…」とか「何でも良いよ~」と言われてしまうと、女子としては少し残念。女子からの「何食べたい?」「何したい?」という問いにも「別に…」。どっかの女優ですか! と、内心突っ込みを入れられていることでしょう。

女子も実は不安な気持ちと戦っています。「一緒にいて楽しいのかな?」「無理に付き合わせているのかな?」と気持ちが揺れてしまうのです。

「それはね。女子の希望を優先したいという優しさなんですよ」

間違っているとは言いづらいのですが、女子はたまにはズバッと決めて欲しいと思っています。だんだんフラストレーションが溜まってしまい、ついには「残念男子」認定の可能性があることを知っておきましょう。

「残念男子」認定ポイント②決定権を女子に譲る

女子とは、時々、思ってもいないことを言ってしまう意地っ張りな一面を持つ生き物です。彼女はたちは、意にそぐわないことをされてイラだった時に、「もう別れよう!」なんてつい言ってしまいがちです。それは、もちろん本心ではありません。

そこで男子は「んなこと言うなよ~」「それはいやだよ。一緒にいようよ」なんて言ってあげねば収まりません。女子もそう言ってくれるのを期待しているのです。しかし、そのような場面で、優し過ぎる男子は「分かった」なんて言ってしまい、女子をほの暗い井戸の底に突き落としてしまいます。優し過ぎる男子は、重大な決断すら女子の気持ちを優先してしまうのです。これはもう「残念男子」を通り越して「絶望男子」と認定されてしまいますね。

「残念男子」認定ポイント③八方美人で誰にでも優しい

さてさて。非常にありがちなポイントが出てきましたよ! 誰にでも優しい人は、周りに頼まれごとをされる場合が多く、一言で言えば「八方美人」。それゆえに、優しくされた女子が勘違いして、アプローチしてくることも多いです。それは利点でもあるのですが、女子が思っていることは違います。それは「他の子には優しくしないで」ということです。なのに、あっちこっちに愛想の良いあなた。それが言えずに女子のマインドにモヤモヤが積もってゆき、ついには「残念男子」認定されてしまうのです。

「八方美人」男子は女子にストレスを与える可能性

また、「八方美人」な男子は付き合いが良いので、「付き合いで……」と女子に言い訳をしてしまいがちです。「八方美人」な男子は交友関係が命。そもそも、ビジネス社会では八方美人にならざるを得ません。

取引先に誘われればいそいそ出かけるでしょう。付き合いが悪いと仕事にも響きます。しかし、その先で何をやっているのやら分かったもんじゃないとモンモンとしているのが女子というものです。付き合いもあまり度が過ぎると、「恋愛に不向き」な男子と認定されてしまうこともあり得るのです。

女性にとって男性の優しさとは大切なものです。しかし度を過ぎて優し過ぎる男子は、女子からすると物足りない存在とイコール。そしてまた、八方美人な男子は、女子に不安を与え、ストレスを溜めこませてしまいます。

優し過ぎる男子、八方美人の男子には厳しい内容になってしまいましたが、もともとコミュニケーション力があるわけですから、次のようなことに気をつければ、「残念男子」認定を避けられ、恋愛対象として振る舞えるのではないでしょうか。

  • たまには自分でリードし、少し時強引さを見せる。あくまで“垣間見せる”ぐらい。
  • 八方美人な自分をなるべく出さずに、彼女には「君だけ感」を演出する。

意外と難しいことかもしれません。しかし、いつもの格言をかみしめたいものです。

「女子は何事も“ほどほど”が一番」

優しさも、付き合いの良さも、ほどほどにして、自分の意見を述べ、他には目移りしていないよ、と女子にちゃんとアピールするようにしましょう。

 

以上