プロに聞く、恋愛婚活アドバイス:モテ期プロデューサー「モテ期」を起こし長続きさせよう

 2カ月で35人から告白されたというモテ期プロデューサー・荒野広治さんによると、モテ期は自分の力で起こせるとのこと。今回の「プロに聞く、恋愛婚活アドバイス」では、待っているだけでなく、自分の手でモテ期のビッグウェーブを起こし、長引かせる方法を聞いてみます! 出逢いのチャンスを増やし、コンバージョンを上げるこの方法、意外かもしれませんが、たった1人の運命の人を見つけたい、真剣な婚活をしたい人こそ、要注目だとか!?

f:id:yuio1o3:20161213151918p:plain

真剣婚活を行いたい人こそモテ期を到来させるべき

人生にモテ期は3回来ると言われています。しかし、いつ来るのか? 待っているだけでいいのか? モテ期プロデューサー・荒野広治さんは「モテ期は自分の力で引き寄せることができる」といいます。

でも、「別にモテなくていい。ただ1人、真剣交際できる人が欲しい」と思う人も多いかもしれません。

荒野さんいわく、「選択肢がないと基準が不明確になり、後悔につながる」とのこと。つまり、モテ期にたくさんの女性と交際し、その中から1人を選んだ方が後の納得感が高いのだそうです。つまり、婚活のベストパートナーはモテ期にこそ見つかるのです。

何だかモテ期を起こすというとチャラいイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。真剣交際を求める人こそ、モテ期を起こした方がいいそうです。ではどうやって? アドバイスをいただきましょう!

「ハロー効果」を活用してモテ期を起こそう

「ハロー効果」。ビジネスパーソンなら聞いたことがあるかもしれません。「後光効果」とも言うそうです。つまり、「一点強く光り輝くものがあれば、他の部分もぼんやりよく見えてしまう」という心理的なヤツです。

例えば、もしあなたが多少料理上手なら、料理教室に行くことです。ポイントは料理教室に通う前に、何らかの手段で料理の指導を受け、さらに腕前を上げておくこと。なんで料理教室に通うのに、そんなしち面倒くさいことをするのか? 女子がたくさん集まる料理教室で、さっそうと包丁を振るう姿を見せるためです。料理教室は料理が苦手な女子が上達のために通うケースも多いため、クラスによっては料理ベタが集まっていることも。そこであなたが料理の腕を振るえば、それはひときわ強く光り輝き、「料理上手=家庭的で優しい」というハロー効果が発生するわけです。女子に囲まれ、輝きを放つあなたはモテ期に突入しやすくなります。

料理上手の場合のお話をしましたが、他の特技でももちろん大丈夫。何か特技がある人は、女子の集まる場所で、その特技を発揮してみましょう! それによってハロー効果を生み出し、モテ期到来のきっかけを作るのです。

到来したモテ期をできるだけ長続きさせよう

そうして到来した貴重なモテ期。できるだけその賞味期限を長続きさせたいものです。モテ期・プロデューサー荒野広治さん曰く、「モテ期を長続きさせる方法には恋愛対象外の人に優しく接すること」が大事だとか。 

そこで質問です。あなたは、恋愛対象の人とそうでない人で、態度をに変えていたりしませんか? いやいや、そんなことしてないよ!そうおっしゃるかもしれません。でも無意識にそうしてしまう、そうなってしまう人も多いんです。なかなか難しいですね。そもそもなぜ、恋愛対象外の人にも意識して優しく接することで、モテ期が長続きするのでしょうか?

例えば、あるコミュニティで意識して周りの人にやさしく接するとします。それによって、仮に全員に気に入られたとすると、誰が誰に自分のことを聞いても、良い評判を伝えてくれるようになります。その評判が新たなファンを作り出し、さらに他者へ評判を伝えてくれる……そんな、波及効果が期待できるんだとか。その結果、コミュニティ内で自分の市場価値、つまり、モテ度が高まって、「モテ期の無限ループ」につながるとのことです。 

「モテ期の無限ループ」! なんていい響きでしょう。それが訪れれば、婚活には最高の環境になりますね。しかし、モテ期を終わらせてしまうNGな誘い方もあるそう。荒野さんが注意する、誘い方とはどんなものなのでしょうか。

NGな誘い方、それは「土曜日は空いてる?」など相手の休日を狙った誘い方だそう。 確実に相手に会いたいからこそ相手の休みにターゲットを合わせたくなるものですが、これには要注意です! 「じゃあ、どうすればいいの!?」 教えて荒野さん!

『天秤理論』~女子の負担を軽くして天秤を傾かせる!

荒野さん一押しのテクニック。それは『天秤理論』です。まずは天秤を想像してください。次に誘われる側の女子目線で考えてみましょう。さて、女子の天秤の片方には「休日はもっと寝ていたい」「趣味に費やしたい」などの思いがしっかりと乗っています。男性もそうですよね?「今週末は釣りにいこうかなー」「たまっていたあの用事を片付けちゃおうかなー」なんて、平日のうちから考えていませんか?この天秤を逆に傾けない限りデートのOKはもらえません。

女子の天秤を傾けるためには、"〇〇で買ったプレゼントがある"、"〇〇をおごるよ"などの努力が必要になります。しかし、そればっかりだと経済的な負担がつらい……お財布がスカスカになってしまいます。そんなとき使えるテクニックは、「ランチに誘う」ことです。相手が優先してしまうような予定が入っていない時間帯かつ時間を限定することで相手の負担を軽くできます。「ランチぐらいならいっか……」とOKをもらいやすくなるのだそうですよ。

「何とかモテ期を到来させたい」そして「モテ期を延命させたい」。努力をして到来させても、何も考えずに行動してしまうと、モテ期は音を立てて崩れ落ちていってしまうかも。せっかく巻き起こしたモテ期。取り扱いに注意して、恋愛を楽しんでほしいものです。

 

まとめましょう。 

  • ・ベストパートナーを探したいならモテ期にこそ見つけよう。
  • ・モテ期は自分で起こす。そのために特技を使ってハロー効果を活用しよう。
  • ・せっかく到来したモテ期を終わらせず、長引かせて無限ループにしよう。
  • ・「天秤理論」。女子の天秤をこちらに傾けるために最適なアプローチ、例えば「ランチから」を活用しよう。

 

 

以上