【ネット婚活】男のための婚活Tips:鈍感野郎に捧ぐ! これが女子の別れる理由

恋愛・結婚に関する男性向けTipsを紹介する「男のための婚活Tips」。今回紹介するのは、女子がパートナーとの別れを考え始めるポイント。これを読めば、「あのときの別れって、もしかして……」と思い当たる節が出てくるかもしれない。結婚を意識する相手がいるあなた、特に注目してみてください。

f:id:yuio1o3:20161205145240p:plain

なぜ女子は去っていくのか?

恋愛に出会いと別れはつきもの。別れの方はできれば経験したくないものだが、そうは問屋が卸さない。問屋自体が閉まっているというレベルで卸さないのだ。とはいえ、世の中には、全く腑に落ちない別れというものがあるのも事実。いきなり相手の女子から「もうムリ」といわれてしまい、理由も分からないまま別れることになるケースも結構あるだろう。そこで今回は「結局オレの何が悪かったのだろう。どうも思い当たらない」なんてことを思っている鈍感野郎な諸君のために、女子が別れを考えるポイントを紹介する。ぜひとも参考にしてほしい。

①食べ方が汚い

手始めにと言ってはなんだが、まずはささいなところから。食事というのは生活の重要な一場面。「パートナーとの食事はセックスと同じだ」という極論まであるらしいが、それを別にしても、共に生活を送る上で避けて通れない食事の際のマナーは、女子にとって重要なファクター。目の前でクチャクチャ音を立てて食べられたりすると、「この先、ずっとこの人と一緒に食事をするのは、いかがなものか」と疑問を抱き始めるのだ。ただし、これは直せる問題であることも事実。早めに自覚して直せばいいだろう。

②金銭感覚が合わない

金銭感覚が合わないというのは、女子が不安を覚える要素のひとつだ。特にその恋愛のゴールを結婚に置いているような女子にとって、「経済」というのはシリアスなテーマ。やたらとカネを散財するような男、あるいは異常に節約癖がある男というのは、その後にあるかもしれない共同生活を見据えたとき、パートナーとして「失格」の烙印を押さざるを得ないのだ。

③感性が合わない

先ほどの金銭感覚も感性の一種かもしれないが、総じて、感性が合わないというのは、女子が別れを考える要因となりやすい。好きな映画や音楽といった軽いものから、人生観や政治信条といった重いものまで。もちろん、他人同士、感性が何から何までシンクロするように合うということはあり得ない。しかし、その女子が大切にしている事柄についての感性が合わないというのは、「運命の人ってわけじゃないのか」という冷めた感情を生みやすいのだ。そう言われても、感性というのは簡単に変えられるものじゃないから難しいが。

④自分より友人を優先する

もちろん友人との付き合いも大事なものだが、あまり友人との予定を恋人との予定より優先させてしまうと(あるいは、そう感じさせてしまうと)、女子は寂しがる。ある意味、当然だ。しかし、そうした気持ちも、束縛しているように思われるのがイヤで、女子もなかなか口には出せない。結果として、気づいたときには、二人の間の溝も深刻になものになっているというのが、結構ありがちなパターン。そうならないためにも大事なのは、時間配分のバランス。女子も「友人と縁を切れ」なんて思っているわけではないのだ。

⑤チャラい友人が多い

チャラい友人を、自分の彼氏を浮気に誘う元凶のように捉える女子は結構いる。実際にそうした友人と夜遅くまで飲み歩いているような場合はなおさらだろう。かといって、先ほども書いたように「縁を切れ」とは言い出せない。だからこそ、特に結婚というものを考えたときに、こうした友人の存在がネックになって、自ら身を引く決意をする女子も出てくるのだ。

⑥自己中心的な言動が多い

女子の側も、付き合い始めの頃は多少自己中心的な言動をしても「自分を持っている人なんだな」などと考えてくれる。しかし、長く付き合って魔法のフィルターが外れてくると、「私のことを考えてくれてないんだな」と冷静に判断し始めるものだ。自己中な男は女子を幸せにはしない。当たり前の話だ。女子も当然去っていくだろう。

⑦アクティブすぎる

「休みの日は必ず外出してどこかに行く」「家で休んでいるなんてもったいない」というアクティブな男を負担に感じる女子も結構いる。一緒にいて疲れるのだ。男の側が、彼女を楽しませようと頑張っているのかもしれないが、それが裏目に出るケースもあるということだ。

⑧セックスレス

セックスという行為には、「相手のことを異性として認めている」というメッセージとしての意味合いがある。それがなくなってくると、相手の女子も「自分のことをもう異性としては見てくれてないのかな」などと心配し始めるのだ。特に「セックスをするとキレイになる」あるいは「セックスをしているのがリア充女子」という観念を持っている一部の女子にとっては、大きな別れの理由になるだろう。

⑨結婚を全く考えていない

これについてはほとんど言うこともないが、具体的な結婚願望のある女子にとって、全く結婚を考えていない男というのは、付き合っても切ないだけの存在だ。当然去っていくことになる。また、結婚を全く考えていない、とまではいかなくても、いつまでも煮え切らない態度をとっている男もほぼ同様だ。

 

以上