【ネット婚活】婚活に効く!女心講座:メールのひと言やLINEのやり取りから垣間見る女子の気持ちとは?

婚活、恋活に必須のツールといえばメールとLINE。「女子の気持ちがわからないよ~」と嘆いているあなた。実は、メールやLINEの行間に女子の気持ちがあふれ出ているのをご存じですか? 今回の「婚活に効く!女心講座」では、女子の本音をくみ取る方法をご紹介しましょう! お付き合いの過程や結婚生活でも役立つかも?

 

f:id:yuio1o3:20161213150209p:plain

 「おひさしぶり」は要注意ワードかも

女子から来るメールの文面に「おひさしぶり」。(この前会ったのに何言ってんのかな?)と思うあなた、それは要注意ワードである可能性が高いです! せっかく楽しくやり取りができる女子ができたのに、もはや彼女の胸の中にはマグマが渦巻いている可能性があります。

恋する女子が何と言ってもイライラするのが「メールの返信が遅い男子」です。ビジネスメールのやり取りとはサクサクやっているのに、プライベートメールはルーズになっていませんか? もしかしたら、そんな態度に彼女は怒っているかもしれません。

その理由は、「気になる男子とは四六時中メールをしていたい」という乙女心。でも、彼女たちはそこをぐっと我慢して、なるべく簡潔に送っているのです。ところがのんきな男子は、「ま、後でもいいか」なんて返信を翌々日にしてしまうなんてこともあります。

メール好きでサクサク返事を返すタイプの女子からすると、せっかく知り合って、脈がないというわけでもないのに、メールの反応が遅い男子が理解できません。そして、そんな時に女子がメールの返信で使うセリフが「おひさしぶり」なのです。

この場合、「『おひさしぶり』=なんでメールくれないの(怒)」と理解して、ほぼ間違いないでしょう。はい、この(怒)に注目。「おひさしぶり」の影には、彼女のプンスカが隠れていることが多いのです。ちょっとしたやり取りや、次のデートの予定など、恋する女子には連絡事項が山ほどあります。なのに、あなたの返信が遅い! 「なんですぐにメールくれなかったの」という怒りがこもったひと言なのです。

恋する乙女たるもの、たとえ、あなたからのメールやLINE、あるいは電話を待ってスマートフォンを枕元に置いて寝ていたりしていても、そんな素振りを見せたがらない所があります。そんな時、あなたからの返信が全然ないと、愛しさが寂しさへ、そして怒りに変化したりします。脈がないならいいです。でももし相手のことをいいなと思う気持ちがあるならささいな一言でも返信しましょう。彼女からの好感度が高まります!

さらに男子が心に留めておきたいのは、女子のそんな心理の背景には「追いかけられたい」という願望があることです。愛されたいのです。「おひさしぶり」の返信は乙女としてのプライドや意地の表れでもあるとか。あなたが気付いていないだけで、「恋の駆け引き」の一つなのですね。

連絡無精な方にとっては、ちょっと大変かもしれません。でも恋愛には鮮度というものがあります。連絡がほしい、と思っている相手の心理にあんまり鈍感でいると、せっかくのチャンスがすすっと消えてしまうかもしれません。決して「おひさしぶり」なんてメールを打たせないようにしたいものです。

女子をイラッとさせるLINEのやり取り

恋活・婚活の場面で活躍するコミュニケーションツールの1つに、LINEがあります。あなたにそんなに興味がなくても、女子はLINEなら気軽につながってくれたりします。ところが、そんなLINEのやり取り、注意しないとイラっとされてしまうこともあるのです。 

まず挙げられるのは「既読スルー」。相手をイラッとさせてしまいます。「未読スルー」に至ってはは「もう論外」と思う女子もいるとか。もう一つ女子をイラッとさせるのが、「スタンプだけで会話を成立させようという態度」。話の流れでスタンプが出てくるのは全然OKですが、延々スタンプだけで会話しようとする男性には「バカにされてる?」とイラッとくる女子もいるそうです。めんどくさくてそういう対応をするのはもちろん、女子が喜ぶと思って勘違いし、多用するのも逆効果になる場合がありますのでご注意ください。

返信が遅いとダメ、スタンプだけもだめ……。「大丈夫、LINE大好きで基本即レスだし、スタンプも使わない派だから!」そう思った男性はこちらに注意。場合によってはあんまり「即レス」を多用して、延々と会話を続けようとする態度も、女子をイラつかせる原因になるそうです。難しいですね。

たまに、「短文の連投」を行う人もいます。着信音を設定していたら、届くたびに何度も鳴り響きますよね。「なんで一気に送らないの!」とイラつかせる原因になります。同じように「超長文」を送ってこられても女子は困ります。やはり、女子には「ほどほど」が一番。

 

まとめましょう。 

  • ・女子のメールの「おひさしぶり」は取扱注意。基本的にメールの返信はマメにしよう。
  • ・「追いかけられたい」女子の心理にあんまり鈍感すぎてチャンスを逃さないように気を付けよう。
  • ・LINEの「未読スルー/既読スルー」は論外。返信が必要な内容にはマナーとして返事を返そう。
  • ・スタンプばかりで会話を成立させようとするのは要注意。
  • ・即レスはいいけれど、あんまり即レスを多用すると女子が困るので「ほどほど」にしよう。
  • ・「短文の連投」や「超長文」はさけて、やはり「ほどほど」にしよう。女子には「ほどほど」が大切。 

 

以上