【ネット婚活】プロに聞く、恋愛婚活アドバイス:婚活に向いていないBAR、向いているBAR

男女の出逢いの場であるBAR。職場などでの出逢いも減りつつある昨今、BARを婚活の場として活用する人は少なくないようです。でも、どんなことにも向き不向きがあるもの。たとえ、普段行き慣れているBARだとしても、婚活に向いているかどうかは別です。

そこで今回の「プロに聞く、恋愛婚活アドバイス」では、都内のBARで働く現役バーテンダーKさんに、婚活に向いていないBAR、向いているBARの特徴を聞いてみました。チェックしてまずは婚活成功の土台を作りましょう。

f:id:yuio1o3:20170310154649p:plain

まずは「婚活に向いていないBAR」の特徴を知ろう!

筆者にもBARで飲むのが好きという男の友人が何人かいます。そして、彼らの中には、BARで恋人をつくり結婚までこぎ着けた人もいれば、何年もひとつのBARに通いながら彼女ができた試しがない人もいます。彼らはスペック的にはほとんど違いはなし。じゃこの差はどこから来たのか?やはり、出会いの場となるBAR選びにポイントがあるようです。

都内のBARで働く恋愛事情に通じたバーテンダーKさんに聞くと、BARの中にも「婚活に向いているBAR」と、「婚活に向いていないBAR」があるとのこと。ということで、長年BAR通いしつつも彼女ができない友人に伝えるべく、そして僕自身もパートナー探しに活用すべく(必死)、何より皆さんに参考にしてもらうために、まずは「婚活に向いていないBAR」の特徴から聞いていきましょう!

■格式張り過ぎて、堅苦しいBAR

婚活をイメージした際に要注意なのが「格式の高さを押しつけてくるBAR」だとKさんは言います。我々がBARと言われてイメージするものは、白シャツに黒ベストといった、いかにもなバーテンダーがいるオーセンティックなお店でしょう。これはこれでムードがあっていいのですが、雰囲気が過ぎると、格式が高くなり過ぎ、空気が重くなってしまうことも。その堅苦しさに、こちらがプレッシャーを感じてしまうかもしれません…。

もちろんそんなBARに行きたいときもありますし、いつか彼女とバシッと決めて利用したいものです。しかし、こと婚活の入口というタイミングでは、ちょっと考えた方がいいかもしれません。その場に合わせて「大人な自分」を演じなければならなくなり、自分の良さを出せなくなります。さらに堅苦しさから居心地が悪くなってしまい、過度なストレスを感じてしまうことも多々。そんな環境では将来のパートナーとなる(かもしれない)女性を探すどころではなくなってしまいますね。

■マスターの趣味が出過ぎているBAR

もしも皆さんがBARに入ったときに、例えばBGMにマニアックなヘビメタばかりが大音量で鳴っているとします。推測するに、店のマスターはヘビメタ好き。このようなマスターの趣味が出過ぎている店も気を付けた方がいいとKさんは言います。

というのもこうしたマスターが趣味を押し出しているような店には、同類の客たちが集まってくるもの。もしも皆さんがその趣味に合うのなら問題はないのですが、趣味が違うとなると大変です。そこで出会う女性とは、共通の趣味があるかどうかという点ですでに躓(つまづ)いているわけですね。またそういったBARに来る女性は、男性との出会いよりも、趣味を楽しむために来ているケースが多々。やはり婚活用としては避けた方が無難でしょう。

■犬や猫などの動物がいるBAR

最近、猫や鳥などがいるカフェが流行っていますが、そんな傾向もあってか、ペット同伴OKの店も増えているとか。ただ「そういった犬や猫がいるBARはあまりよろしくないですね」とKさん。そもそも飲食店に動物を入れるのは衛生的に問題があります。

また動物好きの女性は多いですから、せっかくすてきな女性と出会ったとしても、犬や猫が主役になってしまいこちらへの興味が薄れてしまう可能性も。やはり婚活に活用するのは避けた方が賢明でしょう。

じゃあ、「婚活に向いているBAR」の特徴って?

前半では「婚活に向いていないBAR」のポイントを聞いてきましたが、総じて「クセが濃過ぎるBARは避けた方がいい」といった感じでしょうか。ではここから一転、男性ならば知っておきたい「婚活に向いているBAR」の特徴を教えてもらいましょう。

■カップルが多くいるBAR

Kさんによると、「カップルのお客さんが多いと婚活に向いていると思います」とのこと。いやいや、カップルがたくさんいるBARに一人で入ってパートナーを探すなんて、ハードル高過ぎじゃないですか!と、強くつっこみを入れたのですが、Kさんにサクッと説得されました。

Kさん曰く、「(カップルがたくさん飲んでいるBARの場合)そのカップルは、その店で生まれた可能性が高いんです」とのこと。さらに「仲睦まじいカップルを見た女性が、『彼氏が欲しい』と思うようになり、恋愛モードのスイッチが入りやすくなるのです」。確かに!そう言われてみると、カップルが多いBARは実はパートナー探しに向いているように思えてきます。

■お酒の価格がリーズナブルなBAR

次にKさんは、BARを利用する「価格帯」についてもチェックすべきだと言います。というのも、結婚を考えている20代、30代の女性が通いやすい店となると、やはり安く・長く楽しめるかどうかがポイント。そのためリーズナブルな価格帯であることが婚活には望ましいと言うのです。

自分の懐具合を考えても、もしもそのBARで飲むお酒が高いと、何杯飲んだか、金は払えるのだろうかといったことばかりが気になり、恋人を探すどころではなくなってしまいます。お酒の価格は盲点でしたが、言われてみれば、かなり重要ですね!

■店内にスポーツイベントやお花見の写真が貼っているBAR

店内にお客さんと一緒に行ったお花見やフットサルなどのイベント写真が貼ってあるBARもおすすめだそう。これは、バーテンダーを交えて、お客さんたちが親ぼくを深めている証拠だからとか。

もしもそのBARでお目当ての女性がいた場合、BARのお客さんたちがいろいろなイベントで親ぼくを深めている場合、BARの外で行われるイベントでその女性と話をする機会が増えることにつながります。またイベントに一緒に参加することで、BARでは見せられない自分の別の面をアピールできるので、女性との距離をぐっと縮められる可能性も高まるというわけです。さらにKさんが言うには、そうしたイベントには、お客さんがそれぞれの友達を誘うことも多いから、BARで出会う女性以外の人と知り合うチャンスが増えるとのこと。これを活用しない手はありませんね。

いかがだったしょう?今回は「婚活に向かないBAR」そして、「婚活に向いているBAR」の特徴についてあれこれ見てきました。もちろんこれらの情報を活かすも殺すもあなた次第。そもそもBARに出向かなければ出会いも何もあったもんじゃありません。ぜひ近々BAR選びに尽力し、将来のパートナー探しを、効率よく、そしてかしこく行っていきましょう。

 

以上