婚活サービスは併用してなんぼ! 来年ウエディングベルを鳴らそう by トイアンナ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170731222231j:plain

こんにちは、トイアンナです。「婚活サービス、どれがいいですか?」という質問をいただきます。アプリ、結婚相談所、合コン、友達のツテ、婚活パーティ……選択肢が多すぎると人は選べなくなるもの。どうすればいいの? と不安になるのはごもっともでしょう。

 一方で、こう相談してくださる方の前提には「どれか1つを選ぼう」という意識があるはずです。ですからあえてこう返事します。

 

「なぜすべてを試さないのか」と。

 

■成婚率はサービスを併用した人の方が高い

婚活実態調査2016(リクルートブライダル総研調べ http://bridal-souken.net/research_news/konkatsu.html)によれば、婚活サービスの併用率は約6割。過半数の方が、結婚へ向けて2つ以上の選択肢を取っています。さらに婚活サービスを併用した方は成婚率も高く、1つの方法でどんどんのめり込むよりも、複数の婚活メソッドを使った方が成婚できることがわかります。

といっても、何もかもにフルコミットしていたら倒れてしまいます。そこで個人的に実践できた婚活のスケジュール感をお伝えします。

 

婚活アプリ:週に1日ログイン

婚活サービス: 月に2人の新規男性と知り合う

婚活パーティ: 気分転換に月に1度、平日夜だけ参加

友達の紹介: 紹介のお願いを広く浅くしておいて、お誘いがあれば行く

と、それぞれのサービスにのめり込むことなく、広く浅く併用してもよいのです。

 

■婚活サービスを併用する3つのメリット

こうして婚活にバリエーションをつけるメリットには、以下の3つがあります。

 

メリット1 飽きない

来る日もアプリ、アプリ、アプリ……あるいはパーティ、パーティと同じ婚活を繰り返せば飽きる日が来ます。新鮮さを保つためにも、いろいろな出会いを模索したほうが楽しく続くのです。

 

メリット2 知り合う層の多様化

婚活パーティと結婚相談所に来る人では、結婚への焦り度も性格も異なるでしょう。多様な男性と知り合った方が自分の好みを理解できますから、おのずと成婚へ近づけます。

 

メリット3 婚活全般へのモチベ―ション維持

たとえば友達の紹介でとんでもない人に出会ったとしましょう。もし紹介だけに頼っていれば「やっぱ婚活やめよ」と婚活自体のやる気が失せます。しかし複数の方法を併用していれば、「他の婚活でがんばろう」とモチベーションを維持できるのです。

 

というわけで、婚活に悩める女子よ、できることは全部お試しなさい。それが私からできる、精一杯のアドバイスです。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170714205226j:plain

著者:トイアンナ

ライター。外資系企業で消費者リサーチを行った経験から恋愛を分析。現在までに700名以上の人生相談を受ける。ブログ『トイアンナのぐだぐだ』は月間最大50万PVを記録。著書に『恋愛障害~どうして「普通」に愛されないのか?~』など。

ブログ:『トイアンナのぐだぐだ』 http://toianna.hatenablog.com/