テクニック不要!ネット婚活でデートのお誘いを成功させる鍵は「自然体」

最近、結婚相手とはインターネット経由で出会うという人が増えてきています。結婚相手を探すマッチングサービスが増えており、いわゆる「ネット婚活」が時代の流れとなってきているのです。

ネット婚活では「この人とデートしたい!」と思っても、相手は自分のことをわかっていないのでスムーズにデートに結びつけることが難しいかもしれません。そこで、ネット婚活のスタートといえるデートの誘い方の秘訣をお伝えします。

 

ネット婚活では自然体でいれば素敵な出会いができる

ネット婚活はインターネット経由でパートナーを見つけることになります。相手とのコミュニケーションはサービスのメッセージ機能を使って行うことが大半となるでしょう。

文章のみで自分を表現するので、どんなことを書こうかと意識しすぎる人もいるかもしれません。しかし、ネット婚活でキャラクターを作りすぎると、相手の印象はそのメッセージの通りになってしまいます。それでは相手が身構えてしまうかもしれませんし、実際に会った時に「思っていた人と違った」と悪い意味でのギャップを与えかねません。

ネット婚活だからといって、特別自分を飾る必要はありません。ありのままの自分を知ってもらい、好きになってもらおうという気持ちでコミュニケーションを心がけましょう。それが、より良い出会いを生み出す鍵なのです。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171003152911j:plain

「この人は大丈夫かも」と思われるネット婚活の誘い方

一般的に、男女問わず初めてお会いする人には、挨拶と自己紹介をするはずです。自分のことを相手に伝えることで、相手の緊張感や警戒心をやわらげることができます。

ネット婚活においても、それは同じです。初めてメッセージを送る際、まずは丁寧な挨拶と自分の素性がわかる内容を送りましょう。次の例文を参考にしてみてください。

「〇〇さん、はじめまして。
東京に住んでいる32歳の△△といいます。

◯◯さんのプロフィールを拝見して、
趣味が同じということと、私の住まいに近いということで
共通点が多くて、親近感がわきました。

もしよければ、メッセージのやりとりからで構いませんので
お近づきになれれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。」

自分の素性を知らせたり、丁寧な言葉遣いを使ったりすることで相手に安心感を与えられるでしょう。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171003153003j:plain

ネット婚活で相手に不信感を与える最悪な3つの誘い方

ネット婚活で好印象を受ける誘い方があれば、「この人とはかかわりたくない」と思われるような誘い方もあります。嫌われる誘い方には大きく3つの特徴があげられます。

・「会いたい」を前面に出してくる
相手が自分の結婚相手になるかどうか、会って見極めたいという気持ちが出てくるのは当然のことです。しかし、どんな人かわからないのに、すぐに会おうとすることに抵抗を感じる人もいます。ネット婚活では相手に直接会うことを強要するのはやめましょう。

・相手の気持ちを尊重せず、自分の希望ばかり伝える
ネット婚活でデートに誘う時に、自分がしたいことや行きたい場所ばかり伝えるのはご法度です。相手にとって安心できて、居心地のいい時間を過ごせるよう思いやりの気持ちをもって提案するようにしましょう。

・暗い人間と思われる表現を使う
「私なんか」「こんな僕」など、自分をへりくだったような言葉を使いすぎると暗くて面倒臭いと思われ可能性があります。

 

ネット婚活に慣れない人は、普段の自分と違ったキャラクターで相手とコミュニケーションをとってしまうことがあるかもしれません。しかし、結婚生活はありのままの自分を常にパートナーに見せることになります。デートの時点で、自然体のあなたを理解してもらうことが幸せな結婚につながる大事な要素なのです。