ネット婚活成功のカギは自己紹介!興味を持たれる自己紹介のコツとは?

ネット婚活で見ず知らずの相手に興味を持ってもらうためには自己紹介文がとても重要になります。逆にあなたがいくら魅力的な人間だったとしても自己紹介文がイマイチであれば興味を持たれることがないのです。
そこで、こちらではネット婚活における自己紹介文の重要性や書き方、さらにNGな自己紹介について解説していきます。

 

ネット婚活で大切なのは会いたくなる自己紹介文

「何を書いていいのかわからない」という理由で軽視されてしまいがちな自己紹介文ですが、実はネット婚活でとても重要なポイントとなっているってご存知でしたか?

婚活パーティーなどと違い、面と向かって話すことができないネット婚活の場ではプロフィールが相手を知る大切なツールであり、中でも自己紹介文は文章から相手を理解できる重要項目です。
もし、あなたが相手の探している条件にマッチしたとしても自己紹介文が適当だと、どんな人なのかわからないし自己紹介も書けないような人なのかと思われてしまいます。しかし、自己紹介文をしっかりと記載している場合、あなたがどんな人なのかがわかりやすい上にしっかりとした人物であると思われます。

また、自己紹介文を一言程度で済ませている人も多い中、充実した文章を書くことは相手からの興味も持たれやすく、ネット婚活で同じような条件の周りと差をつけることができるのです。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171003152151j:plain

ネット婚活で興味を引く自己紹介文のポイント

ネット婚活の自己紹介文で一番大切なのは「興味を持たれること」であり、ポイントとなるのが親近感がわくような文章を作るということです。

例えば、ビジネス用の簡潔で堅苦しい自己紹介文だと「ちょっととっつきにくい人なのかな?」と連絡するのをためらわれてしまうこともあります。そこで、親しみのある文章で書かれた自己紹介文だと、人柄も伝わりやすく親近感もわきやすいため、異性からの興味も持たれやすいのです。

プロフィールに記入する職業もできるだけ具体的に書くと信頼度がアップします。公務員の方であれば消防士や警察官、地方職員など。サラリーマンの方であれば、メーカーの営業や広告代理店のマーケティング担当などを書くと良いでしょう。

また、婚活サイトに登録したきっかけを記載するのもおすすめです。登録している理由がわかればあなたが本気で婚活していることがわかってもらえますし、冷やかしで登録しているわけではないという安心感を相手に与えることができます。

直接話すことのできないネット婚活だからこそ、親しみやすさと安心感を相手に与えるような自己紹介文を作ることが大切です。結果として興味を引くような文章につながり、相手からの連絡も受けやすくなります。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171003152406j:plain

これはNG!ネット婚活でやってはいけない自己紹介

では、ネット婚活で逆に引かれる自己紹介文はどのようなものなのでしょうか。

まず、ダラダラと長いだけの文章は読みにくいので避けたほうが良いでしょう。ネット婚活に限らず基本的なことですが、適度な改行や句読点を入れて読みやすい文章とするように心がけましょう。

次に相手に求める条件を細かく書きすぎないようにしましょう。年齢や職業など相手に求める条件は譲れない部分も多いかもしれませんが、あまりに細かく書いてしまうと「プライドが高そう」「結婚してからもいちいちうるさそう」など、面倒くさい人だと思われてしまいます。

また、ネガティブな言葉も使わないように注意しましょう。ネット婚活では自己紹介文があなたを知ってもらう重要な場ですが、その文章に暗い言葉が並んでいると男性にしてみれば「この人と一緒にいても楽しくなさそう」と思われて興味を持たれません。親しみの持てる明るい自己紹介文を書くようにしてくださいね。

 

ネット婚活で自己紹介文が成功のカギになることはおわかりいただけましたか?

ネット婚活は興味を持ってもらうことが出会いのきっかけになります。そのためには魅力的な自己紹介文を書いて、あなたの魅力を存分にアピールすることが重要になるのです。

これを機に、あなたの自己紹介文を見直して異性の興味を引く自己紹介文にしてみてはいかがでしょうか。