【男のための婚活How To】「この人と結婚したい」と思われる男性ってどんな人?

結婚したい男性は多いが、いまいち自信が持てない人もいる。特筆して語るべき点もない一般人に女性は興味を持たないのでは、と。確かに「結婚したい」という明確な目標を持っている女性ははシビアだ。だが、医師や弁護士のように「高スペック」でないと、結婚したい男性になりえないのか? 女性が本音で考える「結婚したい男性」ってどんな人?

「結婚したい男性」の第1位は安定感のある、あの職種

f:id:yuio1o3:20180122093111p:plain

ずばり「結婚したいと思う男性の職業ランキング」という調査がある。結婚式場および披露宴会場の運営を行うアニヴェルセルが20~30代の未婚女性300人を対象に2016年3月に実施したものだ。

これによると、結婚したい男性の第1位は「公務員(30.7%)」。景気は回復しつつあるとはいえ、やはり安定感のある職種は人気が高い。続いて、結婚したい男性の第2位は「サラリーマン(29.3%)」だ。多くの女性が、結婚したい男性に安心を求める傾向に変わりはないようだ。

ちなみに、結婚したい男性の3位は「医師(24.3%)」で、4位が「弁護士(20.0%)」。あまりスペックは意識しなくてもいいのかも? 実は、この調査では約半数(49.3%)の女性が、結婚したい男性の「職業にはこだわらない」とも回答している。「俺は高スペックじゃないから……」と婚活にしり込みしている場合じゃない。

女性が「結婚したい男性」に求めるものとは?

女性が結婚したい男性に求めるものは2つ、「理解」と「安定」だ。例えば、キャリア志向の女性であれば「仕事」、専業主婦志望の女性に対しては「趣味」といったように、相手の価値観に対する理解を示すことが重要。幸せな家庭を築くためにもこの気遣いは必須となる。

次に、結婚したい男性に求める安定だが、実は安定した職業や収入は今すぐになくてもいいのだという。結婚後に安定した生活が送れるだろう、安心感を持ってともに暮らせるだろうという見込みを示してほしいのだ。

例えば、収入が少ないのであれば、転職を検討するなど2人の結婚生活を支えるために稼ごうとする姿勢を見せたい。女性は、結婚後に共働きになるとしても、相手の収入に甘えるのではなく、向上心を持ち続けているのだという「やる気」を見せてほしいのだ。

もっと簡単なところでいえば、この人と結婚したいと思ってくれた相手に頼まれたことをきちんと全うすることだ。「この人になら自分の人生を安心して任せられる」と感じてもらうことが、結婚したい男性と認定してもらうためのポイントなのだ。

当たり前の話になるが、この姿勢は婚活中だけでなく結婚に至ってからも継続すること。「結婚することが目的だったし、目的達成したからいいや。めんどくせ」となると、「釣った魚に餌はやらないタイプ」なんて言われるだろう。

 「結婚したい男性」になるための2つのポイント

女性が、結婚したい男性だと感じるためのポイントは幾つかあるが、ここでは誰でも実践できる2つのHow toを紹介しよう。

まず、「家族構成や家族との仲を教える」こと。結婚とは、家族と家族の付き合いだ。女性は、相手の家族構成や両親、兄弟との仲のよさを聞くことで、結婚生活や親戚付きあいのイメージがわき、安心感や親近感が芽生える。また、女性の家族について話を聞くことも重要だ。結婚について真剣に考えていることが伝わる。

f:id:yuio1o3:20180122093116p:plain

ただし、出会って日が浅い相手に、いきなり身の上話をしないこと。これは「重たい」。その遠慮のなさ、距離感のなさに女性は引いてしまうだろう。ゴタゴタした事情は早めに話さねば、と思う男性もいるかもしれないが、相手との距離感をつかみ損ねては元も子もない。転職先の上司や同僚に、入社した日に家庭の難しい事情や、つらい生活について語らないのと同じだ。

結婚したい男性に思えてくる2つ目のポイント、それは「話をリードしてくれる」という印象を与えること。話をリードしてくれる男性に女性は弱い。それは、「この人は私を理解しようとし、私のことを考えてコミュニケーションできる男性だ」と思うからだ。

特に婚活初心者の女性は、出会いの場で上手に話すことができない人も多い。だからこそ、話し上手や聞き上手な男性にグッとくるのだ。「自分は口下手で、うまくトークをまわせない」と悩む必要はない。相手の話をしっかり聞く。相手が言葉に詰まったからといって、「それってこういうこと?」と、話を勝手にまとめてしまうのは最悪だ。相手を全然理解していないことになりかねない。じっくりと聞いてあげることが、安心感につながるのだ。

女性は婚活の場で、自分の人生を預けられる相手かどうかを真剣に見極めようとしている。細かなコミュニケーションで信頼を築くことでこそ、「この人と結婚したい」と考えてもらう第一歩となる。