月間100万PV以上の人気ブログ「書いて叶える♡恋愛引き寄せノート」の西原愛香さんが恋愛・婚活の悩みにお答えします!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180318143734j:plain

月間100万PV以上の人気ブログ「書いて叶える♡恋愛引き寄せノート」を主宰する西原愛香さん。ブログやセミナーで恋に悩める多くの女性に引き寄せ法を教える彼女に恋愛の悩み相談に乗ってもらいました。

 

適齢期と言われる年齢になり結婚に焦っています。なのに具体的な行動に踏み出せない自分がいます…。 ゆっこさん(29歳)

西原さん:率直な疑問なんですけど…それって本当に結婚したいんですかね?夢中になってる仕事があるとか、他に楽しいことがあるとかで、本当は結婚に対する優先順位があまり高くないんじゃないかな。結婚したい気持ちと面倒な気持ち、アクセルとブレーキを同時に踏んでる状態なんだと思います。

 

周りがどんどん結婚していくと焦る気持ちはわかります。そんな時は「なんで私はこんなに焦ってるんだろう」って、自分の気持ちを分解してみてください。

すると、純粋に結婚したい気持ちの裏には、「親が早く結婚しろとうるさい」とか、周りからのプレッシャーで自分の意思とはうらはらに無駄に焦らされている、なんてこともあるかもしれません。

 

自分の本心に立ち戻って、必要のない焦りを取り除いた時のほうが、すんなりと次にとるべき行動がみえてくるものですよ。

 

SNSで幸せそうな結婚生活を送る友人の投稿を見ていると、彼氏すらいない自分は本当にダメだなと思って凹んでしまいます。 チェリーさん(31歳) 

他人と比較して凹んでしまう人は、SNSを見ないほうがいいです!

わざわざボクシングで殴られに行ってるのと同じですよね。もうそのリングにあがるのをやめたらいいのになって思います。

 

表面的にキラキラ見えていても、表に出さない部分では誰だっていろいろ抱えているもの。SNSではいいところしか見せないから、つい勘違いしちゃうんです。写真で切り取られてない部分はみんな同じようなもんですよ。

 

自分を凹ますものに縛られているのはすごくもったいない。ついマイナスな思考に囚われちゃうときは、別なことに意識をむけるためにもスポーツやエクササイズなどでちょっと身体を動かしてみるのもいいと思います。

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180318144856j:plain

 

婚活で出会った人と付き合い始めましたが、いつまで経ってもプロポーズされません。自分から結婚のことを聞くのも気が引けるし。このままズルズルいくのだけはいや! N.Kさん(31歳) 

彼からのプロポーズを待たず、自分から「将来についてどう考えているのか」聞けるといいのですが、普段から密なコミュニケーションがないと、突然結婚について話し合うのはハードルが高いですよね。

 

私は、恋人同士なんでも話せるのが理想の関係だと思ってるんです。結婚について話せないってことは、きっとそれ以外の日常的なこともあまり話せてない状況なんじゃないでしょうか。そんな関係のままで結婚しても、言いたいことが言えず我慢したり、寂しい思いをすることになってしまいそう。

 

まずは日常の些細なことから、なんでもあやふやにしないで“話せる関係”を作っていくのがいいのかなと思います。

 

ふたりで会う時はすごくやさしい彼なのに、普段の連絡がマメじゃなくて本当に愛されているのか不安になります。 てんさん(28歳)

連絡がマメじゃなくても、会ってる時に大事にされてる感覚があるのであれば、そこを信じて「いつも優しくしてくれてありがとう」とお礼を言ってみましょう。

 

女性には、“受け取ること”を大事にしてもらいたいんです。相手の「してくれないこと」にばかりフォーカスして責めがちですが、まずは「してくれたこと」をしっかり受け取って感謝してみてください。そうすることで、自分の手で彼女を幸せにできたという実感を彼に積ませてあげるんです。

 

そんな関係ができてくると、彼はあなたをもっと喜ばせるためにできることを実践してくれます。人間って単純で、「してよかったな」って思わないと、「もっとしよう」にはならないから。

男性のマメさも女性次第ですごく変わるはずですよ。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180318142641j:plain

西原 愛香

月間100万PV以上の人気ブログ『書いて叶える 恋愛引き寄せノート』主宰。自己中心的な彼に振り回され人生最大の失恋。その後恋愛ノートで自分自身を見つめなおしたところ、彼が驚くほど変わり、復縁した経験を持つ。2015年よりブログ、セッションで、自分を認めて理想の恋愛を引き寄せる方法を広める。中でも「ノートに書く」事を推奨。自身も書いた事はほぼ叶えてきた。現実的な視点でポイントや盲点を分かりやすく伝え「今まで分からなかった事が腑に落ちた!」と20~40代の”引き寄せ迷子”な女性たちからも大きな支持を得る。

取材・文/ 宇都宮薫