初デートの費用はいくらが目安?20代女性の4割以上が割り勘派って、ほんと?

初めてのデートで気になるのが食事やカフェでの支払いや、映画やレジャーランドなどの入場料ですね。割り勘にした方がいいのか、それとも男性が支払うべきなのか。迷うのは男性だけじゃありません。初めてのデートなのに男性に支払わせていいのかどうか、女性も迷いますよね。婚活サイトで出会った男女に共通するデート費用の支払いについて、役立つ情報をサポートします

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

婚活サイトで知り合ったカップルの初デート費用はどのくらい?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180525151652j:plain


婚活サイトで知り合ったばかりのカップルは、まだお互いのことを良くわかっていません。初デートをする時も映画を見ようか、レジャーランドにしようか、それともカフェでお茶してお互いのことを話し合った方がいいのか、迷うことでしょう。

場所選びの時にどちらが主導権を取るかによって、初デートの費用も大体の目安がつきます。女性と男性、それぞれの場合を見てみましょう。

男性が主導権を取った場合

ほとんどの男性は初デートはどこにしようか色々と考えているはず。特に女性の希望がない場合は、男性が主導権を取ってその日のデートコースを決めるでしょう。このような場合はある程度の費用をかけても大丈夫です。

大事なことは女性にとって楽しいデートになるように気配りすること。このような時に男性が気をつけたいのは、オーバーした予算は自分が持つということを女性に伝えること。そうすれば女性もお財布を気にしないで楽しめます。女性も素直に好意に甘えた方が、男性も嬉しいものです。費用の目安としては、10,000円から15,000円ぐらいが無難です。

女性が主導権を取った場合

初めてのデートで女性の方から希望を提示する場合もあります。食事を楽しみたい、レジャーランドで遊びたいなど、素直に自分の気持ちを表す女性は魅力的です。ほとんどの男性は女性の希望を叶えるはず。

このように女性が主導権を取った場合、費用については女性に任せましょう。このように自分の希望をはっきりと言える女性は、費用についてもわきまえているでしょう。法外な費用が発生する心配はありませんし、事前に1日の費用について相談することもありです。目安としては5,000円ぐらいが妥当です。

デート代は20代女性の4割以上が割り勘派って、ほんと?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180525151712j:plain

リクルートブライダル総研「恋愛・結婚調査2017」によると、20代女性の4割以上がデート代は割り勘と考えているようです。昔のようにデート代は男性が持つという考え方は変わってきています。その理由は男性と同じく女性も働いていること、男女平等の考え方が根づいていること、などでしょう。

ただし割り勘もケースバイケース。あまりガチガチにこだわると、2人の関係までギクシャクしてしまうことも。そこで、必ずしも割り勘でなくてもいいケースについて説明します。

2度目3度目のデートの場合

婚活サイトで出会って、初めてデートする時は割り勘が無難です。お互いに相手のことをよく知らないのですから、いくら男性が全て持つと言っても、割り勘にする方が好ましく思われます。しかし2度目3度目となると、お互いのことが少しずつわかっている状況。しかも2度目3度目のデートを受け入れたということは、お互いに好意を持っている証拠。このような時は男性側がデート代を持ち、女性が甘えるというスタイルもありです。男性側の申し出を頑なに拒んで割り勘にこだわると、まだ心を閉ざしているという印象が強まります。もちろん、たまには女性の方が持つという気配りは必要です。1度目のデートなら5,000円以下、2度目3度目なら5,000円から10,000円が目安です。

年齢差があって男性が高収入の場合

20代女性の4割以上が割り勘派といっても、残りの6割はそうではありません。アンケートによると次に多いのが7対3で彼が支払うというもの、その次に多いのがほとんど彼という結果です。半分以上が割り勘派ではないので、相手の男性によって対応は異なるというのが実情でしょう。

例えば男性と5歳以上の年齢差がある場合、収入は女性より多いかもしれません。この場合は割り勘にこだわらなくても大丈夫。また一般のサラリーマンより明らかに高収入を得られるスペシャリストなどの場合も、割り勘にこだわる必要はありません。

デート代の支払い方で相手の性格や金銭感覚がわかる?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180525151724j:plain
世の中には色々な人がいます。婚活サイトで出会っても、実際にお付き合いしてみないとわからないのが性格。1度や2度のデートではまだ本当の人柄はわかりません。でも、デート代の支払い方に人柄が出るんです。お金というのは不思議で、その人の育ちや品格が出てしまうもの。デート代を支払う時の態度で相手の金銭感覚がストレートにわかります。


例えば自分から割り勘にしようと言い出す男性は、飾り気がなく、意外と気配りがあるといえるでしょう。女性から言い出しにくいことを、率先して提案するという優しさです。
自分が持つといって半ば強引にデート代を支払う男性は、プライドが高い。反面、傷つきやすいともいえます。好みがわかれるところですが、女性によっては頼りになる男性でしょう。
おごってもらう甘え上手な男性は、本心を見せない傾向があります。女性にデート代を出してもらうというのは、初めからそのつもりのはず。給料日前でデート代がないこともあるでしょう。その時はデートを延期するとか、正直に打ち明けるのが誠実さというもの。


このようにデート代の支払い方で相手の性格や金銭感覚がわかるかも。婚活サイトで出会ったチャンスを生かし、今後も良いお付き合いを続けるためのヒントにしてみませんか。

 

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」