ネット婚活必勝法!好感度をあげるメールテクニック

ネット婚活をしていて、「最初はいい感じなのになぜかメールが返ってこなくなる」、「メールが盛り上がらない」と感じたことはありませんか?

こんな場合には、メールテクニックに問題がある可能性大です!相手の姿が見えないネット婚活だからこそ、メールの印象は大切にしたいですよね。

実はちょっとしたポイントを押さえるだけで、メールの印象は格段にアップします。そこで、ネット婚活のためのメールテクニックをご紹介します。

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

ネット婚活ではメールのやりとりの印象が大事

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606113822j:plain

ネット婚活では、プロフィールを見ていいなと思った相手にアプローチメールを送ります。そこで、相手がOKしてくれれば、マッチング成立となり、メールのやり取りが開始されます。

逆に、相手からアプローチを受けて、メールのやり取りが開始されることもあります。こうしてみると、「メールのやり取りからすべてが始まる」と言っても過言ではありませんね。

当然、メールでの印象が悪いと、結婚はおろか実際に会うことすらできません。ネット婚活におけるメールテクニックを身に付けて、素敵な相手と出会いましょう。

はじめてのメールを送る時のポイント

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606113843j:plain

すべての始まりとなるのが、プロフィールを読んでアプローチする際の「はじめましてメール」です。このメールにはいくつかポイントがあるので、押さえておきましょう。

相手についての情報を入れる

「○○さん、はじめまして」のように、相手の名前を入れて送ることで、「コピペで書いた一斉送信メールではない」と思ってもらうことができます。また、単純に自分の名前を呼んでもらえると嬉しいものですよね。同様に、相手のプロフィールにも触れると良いでしょう。例えば、相手のプロフィールに野球観戦が趣味だと書いてあれば、「私も野球が好きです♪どの球団を応援していますか?」のような感じです。

読みやすさを意識する

最初のメールが長すぎると、「重いな」と感じられてしまいます。逆に短すぎても、真剣さが感じられません。短すぎず、長すぎない300文字程度を目安にするといいでししょう。絵文字は多すぎると読みづらいので、文末に1つつけるくらいがベストです。また、「こんにちゎ」のようなギャルっぽい表記は避けましょう。一人称が自分の名字や名前なのもNGです。無難に「私」と書きましょう。

ネット婚活で効果的なメールの頻度と長さ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606113857j:plain

ネット婚活で「この人とメールするのは楽しいな」と思ってもらうためにはいくつかポイントがあります。基本のテクニックを押さえて、楽しくメールのやり取りを行いましょう。

メールは1日1往復を目安に

メールのやり取りを始めたばかりの頃であれば、メールの頻度は、1日1往復くらいがベストです。焦ってメールを送って「失敗した」という経験はありませんか?できれば、一晩置いて、朝に添削してから送信するようにしましょう。ただし、LINE等で直接やり取りをするような関係になった場合には、テンポよく会話を楽しんでもOKです。

文章の長さは相手に合わせる

「ミラーリング」という恋愛術をご存知ですか。相手の動作を真似することで親近感を感じさせるという有名なテクニックです。このテクニックは婚活メールにも応用可能なのでぜひ利用しましょう。相手のメールが5行で書かれていれば、5行くらいで返信し、絵文字を使っていれば、同じ絵文字を使うというような具合です。文体に関しても相手に合わせるのがベターです。敬語が多い相手なら敬語多めで、フランクな方ならタメ口を織り交ぜつつ文章を作りましょう。

具体的にどんな内容で会話すればいいの?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606113910j:plain

「この人いい人そうだけど、なんとなくメールがつまらないな」と感じたことありませんか?自分もそんな風に思われていたらショックですよね。相手から好感を持ってもらうためには、どんな内容で会話を進めていけばよいのでしょうか。

相手のプロフィールをよく読む

最初は、相手のプロフィールから何か質問をしてみましょう。その中から、共通点を見つけ「私も○○系の映画が好きです」などと会話を進展させていくといいですね。それがきっかけで、自然な流れでデートが実現する可能性もあります。

挨拶はすべての基本

朝なら「おはよう」、夜なら「こんばんは」といった挨拶は、コミュニケーションの基本です。挨拶がきちんとできていると、しっかりした人だなと思ってもらえますし、1日の始まりや終わりに挨拶のメールをする人がいるってなんだかうれしいですよね。相手も同じように感じてくれているはずです。

質問は1メールにつき1つに絞る

相手のことを知りたいという気持ちが強すぎて、質問攻めにしてしまうことがありますが、これは逆効果です。「がっついているな」という印象を与えかねません。1回のメールにつき、質問は1つに絞りましょう。

まとめ

姿が見えないネット婚活において、メールは相手を知る大切なツールです。今回ご紹介したメールの長さや頻度、内容などに関するちょっとしたテクニックを実践すれば、好感度は確実にアップします。メールでしっかり親睦を深めておくと実際のデートも盛り上がりそうですよね。ぜひ、ネット婚活を活用して素敵なパートナーを見つけてください。

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」