マッチングアプリを実際に使ってみた!

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180816021032j:plain

奥手なわたしですが、背に腹変えられず、約1か月、マッチングアプリなるもので婚活に挑戦してみました。いままでネットの出会いにネガティブなイメージだったのですが、最初から結婚を考えている人が集まるマッチングアプリが結婚への近道でないかと考えるようになり、初めて見ることにしました。

 

早々に辞めたくなった、初めてから最初の1週間…

 

全くイケメンでないにもかかわらず、期待していた私は初めて早々に壁にぶちあたります。一人もマッチングしない+いいねが来ない(笑)どんなにこちらからいいねを送っても、全くメッセージまでたどり着けません。それもそのはず、要約すると私のプロフィールには「カフェ巡り、おいしいもの食べ歩き、お店開拓が好きです。」しか情報がなかったのです。これでは抽象的過ぎます。誰でもおいしいものは好きです。そこで私はプロフィール改革を行って2週目を迎えました。

 

プロフィール改革!劇的ビフォーアフター

 

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180816013640j:plain

プロフィール改革を行った私がどうなったかというと、結論、かなり多くの女性とマッチングし、メッセージでのやりとりまで進むことができました。あとはここからのトーク次第で実際に会うことも出来そうな手ごたえです。具体的に変更した部分としては、私は好きなものを上から並べたらサッカー、肉、お酒になったので、プロフィールには上記3つを具体的に、どれぐらい好きなのかを記載するようにしていました。そしてサッカー好きの女性を探し、その人に向けていいねをしていく方針に変えていくことにしました。すると、今まで1週間で2人だったマッチング数が、1日に1人ペースにまで増えました。

 

そんなこんなで残り2週間の戦績

 

どうにかコミュ障の私でもなんとかマッチングした女性2人ほど会うことができ、その後何回かお会いさせていただいたのですが、結局何もなく終わってしまいました。メッセージでは奥手な私でも積極的に話せていたのですが、実際に会うとやはり緊張してしまってあまりうまく話せなかったような気がします。今後は何人かにあうことでリアルでも緊張せずに話せるようにトレーニングを積んでいきたいと思います。

 

欲張り過ぎず、適材適所で戦いましょう

 

私は好きなものを上から並べると、サッカー、肉、お酒になったので、それぞれに対して、その中でも何が具体的にどれぐらい好きかを記入し、似ている人を探してアプローチしていきました。このように、見かけや経歴で相手を選ぶのではなく、自分のありのままのプロフィールで尖った相手をターゲットとして婚活することが婚活市場価値を高めることにつながると思います。初週のわたしのようにすべての女性に気に入られようとするのではなく、自分が好きなものを絞り、それを共有できそうな人とマッチングすることが重要です。その方が実際に会ったときにも話が弾みますし、その後につながる可能性が高くなると思います。