婚活がうまくいくメッセージって?<男性編>

マッチングサイトを利用した婚活。気になるお相手とマッチングしたら、重要になってくるのがメッセージのやり取りです。 直接会うまでは、マッチングサイト内でのメッセージの言葉だけが印象や人柄を見る決め手となり、自分をアピールする手段にもなります。

そこで、男性は婚活中にどのようなメッセージを送るのが望ましいのか、避けた方が良いメッセージはどんなものなのかご紹介します。

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

 マッチングサイト内で目的が違えばメッセージも変わる

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606140634j:plain

マッチングサイトの中でも、恋人を見つけたい恋活とは違い、出会いの先に結婚という目的を持つ婚活では、相手への接し方も自ずと変わってくるものです。 恋愛相手であれば、気になるのは容姿や性格、自分との相性であり、職業や金銭感覚などが恋人の条件の上位になることは少ないでしょう。

一方、婚活となれば性格や相性以外にも、経済力や職業、家族構成などが条件として重要視されてきます。 恋活よりも婚活の方がハードルが高く、結婚に対して真剣であるほど相手とのやりとりは慎重になってきます。 そのため、結婚を考えたやりとりであれば、恋愛相手と交わすメッセージとは自然と変わってくるのです。

例えば、「写真を見てかわいいなと思ってメールをしました」というメッセージ。 女性は褒められて嬉しいかもしれません。しかし、これが婚活中の男性からのメッセージであれば『軽いな』という印象が拭えず、誠実さも感じられません。 褒めるにしても、伝え方やタイミングがあるのです。それを間違えてしまったことで関係がきれてしまう。そんな悲しい事態はできれば避けたいものです。

では、具体的にどのようにすればよいのでしょう。

マッチングサイトで婚活中に送るべきメッセージ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606140645j:plain

結婚を考えてのやりとりは慎重になると言いましたが、堅苦しく考える必要はありません。 気軽にできるのもマッチングサイトのメリットです。 「気遣い」と「誠実さ」この2つのポイントを常に意識していれば、いきなり相手にひかれてしまうようなこともないでしょう。

相手を困らせないメッセージの送り方

■頻度に気を配る
マッチングサイト利用者の口コミや経験談を見ると、メッセージの頻度は「相手に合わせる」という意見が多いです。自分だけが頻繁に送るのも、長く放置するのもNGです。

■長文すぎず短すぎずを心がける
適度な長さの見極めは難しいところですが、何度もスクロールしなければならないほどの長文を送るのはやめておきましょう。 また、話が盛り上がり相手がちょっとした長文を送ってきた場合に「そうなんですか」など、一言で返すのもよくありません。 相手が興味を持って話にのってくれると、やはり嬉しいものです。

■返事をしやすい内容にする
「今、昼休みです」これではどんな返事をするか迷わせてしまいます。「今、昼休みです。〇〇さんは昼休みどんな風に過ごしますか?」と、相手が返事をしやすい内容にしましょう。

誠実さをアピールして好印象を与える

適度な距離を保つのが気遣いであり、誠実さのアピールになります。誠実さはメッセージの言葉や態度など接し方に現れるので、次のことを意識しておきましょう。

■敬語を使う
相手が年下でも敬語をつかいましょう。丁寧な言葉遣いは好印象を与えます。もし、相手がくだけた雰囲気を望んでいるようならば、それに合わせても良いでしょう。 しかし、突然人が変わった! と驚かせてしまうほど、急に馴れ馴れしくし過ぎないよう注意です。

■プロフィールをしっかり読む
マッチングサイトではプロフィールをしっかり読み、相手のどんなところに興味を持ったのかをきちんと伝えましょう。 また、プロフィールに書かれている趣味などから共通点を見つけて、話題にするのも良いですね。

■アピールも忘れずに
マッチングサイトでもそうでなくても、婚活中のメッセージのやり取りは基本的に相手に合わせる方が良いという印象です。 しかし、女性の話を聞くばかりではなく、時々は自己アピールしていきましょう。 女性の話を聞くことに徹する姿勢が「包容力」など良い印象になれば問題ありませんが、場合によっては「様子を見られてる?」「警戒されてる?」など、女性に変に勘繰られてしまうかもしれません。

マッチングサイトの婚活で送るべきではないメッセージ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606140657j:plain

利用者の多いマッチングサイトの中で、気になる相手とやり取りができるようになると気持ちもあがります。 せっかく繋がった縁なので、大事にすすめていきたいものです。 そのためには、相手を不快にさせる、ひかれてしまうようなメッセージは避けなければなりません。

女性が不快に感じるメッセージの特徴とは

■ネガティブ
「仕事が嫌で辞めようかな」「どうせ俺なんて」のようなネガティブな言葉は、女性も困惑してしまいます。 しんどい場面で女性に甘えたい気持ちからくる言葉だとしても、ネガティブな表現はマイナスポイントにしかならないので注意です。

■誠実さが伝わらない態度
これは具体的にあげると、最初からため口、顔文字だらけ、デリカシーがないなどです。丁寧なメッセージの方が誠実さが伝わりやすいのは明確ですね。

■時間をかけない
すぐに会いたがる、連絡先やプライベートなことを聞きすぎることがこれにあたります。マッチングサイトには婚活目的以外の人もいるので、あまり急ぎ過ぎると「目的が違うのでは?」と誤解を生んでしまう可能性があります。

■自分本位である
会話中、自慢話ばかりを繰り返したり、上から目線な言動を取ると女性はひいてしまいます。また、相手の考え方や趣味を否定することもNGです。 このような自分本位な態度は、女性の気持ちがいっきに冷めていく可能性が高いので、気をつけたいところです。

 

マッチングサイトにおいて、婚活がうまくいくメッセージの送り方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 女性はメッセージのやり取りをしながら、相性や人柄をしっかりと見ています。 他の婚活サービスと比べ気軽にできるマッチングサイトだからこそ、メッセージのやり取りは大切な時間になります。

相手に合わせることを面倒に感じることはありません。気遣いと誠実さをこころがけていれば、好印象を与える言動が自然と出てくるものではないでしょうか。 自分自身も楽しむことを忘れずに、素敵な出会いを見つけてくださいね。

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」