婚活がうまくいくメッセージって?<女性編>

マッチングサイトを利用し素敵な男性と出会うことができたのなら、なんとかしてもっと親密な仲になりたいものですよね。マッチングサイトから結婚へ繋げる基本はなんといってもメールです。メールのやりとりがうまくいくかいかないかで、その後の進展具合も変わってきます。相手に好意を持ってもらった上で結婚を意識させるメールには、必要最低限のルールがいくつかあります。それらを守って、マッチングサイトから結婚へ結びつけていくようにしましょう。

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

 単なる恋人同士とは違う!婚活をする大人としてのルールを守ろう!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606141932j:plain

マッチングサイトで素敵な男性と出会えメールに発展したとき、軽くライトなメールばかり送ってしまっていませんか? 相手もこちらも、もう大人です。軽めのメールは時として相手に不快感を与えてしまう事もあるため、メールといえど大人としての魅力を感じさせる文面を考える必要があります。

ハートや絵文字・顔文字の多用は避ける

感情を表現するのにとても便利な絵文字や顔文字ですが、あまり多用しすぎるとマッチングサイトの男性には「随分小慣れた人なんだな……」と引かれてしまう原因にもなります。また、テンションの高すぎる顔文字「。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。」なども、男性の中には嫌う人もいるようです。せいぜい笑顔の絵文字や、キラキラの絵文字、顔文字も(^_^)といった、普通のものを選ぶようにしましょう。また、マッチングサイトに多い「サクラ」がハートマークを多用するという傾向が強いため、ハートマークの使用はサクラを疑われる危険性もあります。よっぽど仲良くなり、お互いの気持ちが確認できた段階で使用すると良いですね。

上品で丁寧な言葉を選ぶ

明るく元気なノリは、確かに相手にとっつきやすさを与えるかもしれません。しかしまだ相手の事をよく知らないうちは、品のある丁寧な言葉を使うようにしましょう。特にマッチングサイトでは年齢差関係なく、最初のうちは相手には敬語がベターです。結婚相手に求める最低ルールは「一般常識のある人」ですので、文面には注意しましょう。

相手に「結婚相手」として選んでもらうためのテクニック

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606141946j:plain

婚活を意識する大人として最低限のルールを守ったら、次はいかにして「結婚相手」として好意を持ってもらうかが大切です。ずっと一緒にいても安らげそう、一緒にいたら楽しそうと思ってもらえるようなテクニックを覚えておきましょう。

相手のことをよく理解してあげる

男女共に心を許す相手とは「自分の事をよくわかってくれている人」ですので、なるべく彼の好みや性格などをメールの会話から引き出し、記憶しておくようにしましょう。ただし、「あなたの事はなんでも知ってる・知りたいアピール」は場合によっては嫌われてしまいます。あくまでさりげなく、メールの流れに沿って活用しましょう。

気遣いや優しさを忘れない

相手から「疲れた〜」とメールがきたら、「私も疲れた〜」と思わず返してしまっていませんか? 恋愛止まりでよいならそれでも問題ありませんが、やはり結婚相手として意識されたいのなら「お疲れ様(^_^)今日もよくガンバったね」と労いの言葉を返してあげましょう。些細なことですが、男性は女性に母性を求める傾向にあります。気遣いや優しい言葉をかけ労ってくれる女性に、自ずと結婚後の生活もイメージしやすくなるのではないでしょうか。

相手を上げる

男性は女性以上に褒められると喜んでしまうものです。些細なことでも相手を褒め、もち上げてあげましょう。褒める内容は容姿でも性格でも、趣味や仕事内容などなんでもかまいません。相手のいいところを見つけ褒めることで、「彼女は自分の良さを知ってくれている」と安心し、居心地の良さを感じてくれるようになります。結婚相手に「一緒にいると安心できる」というのを求めるのは男女共に共通です。相手の良さを理解し、彼にとってホッとできる女性になるようにしましょう。

これだけはNG!男性を引かせてしまう婚活メール

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606142032j:plain

男性に好意を持たれるメールを知っておくのはもちろん大事ですが、それと同時に相手に嫌われてしまうメールも把握しておくようにしましょう。

相手の年収や学歴に触れる

もっとも嫌われるのが、マッチングサイトのプロフィールにも書いてあることの多い年収や学歴に触れてしまうことです。男性側からすれば「それ目当てなのかな」と思ってしまいます。例え相手の年収や学歴が魅力的でもそこには触れず、相手が仕事や学生時代の話をしてきた時にだけ「そういえば〇〇大学でしたっけ」程度で返し、それ以上はがっつかないようにしましょう。学歴や収入の高い人ほど、それ目当ての女性を嫌うものです。

自虐ネタは避ける

いくら自分に自信がないからとはいえ「私ももうおばさんだから(笑)」「私太ってるから(笑)」などの自虐ネタは避けるようにしましょう。自分からしたら軽いネタのつもりでも、男性側はどう返せばいいのか迷ってしまいます。それどころかあまり頻度が高いと、鬱陶しいと思われてしまうかもしれません。なるべく自分の事を話す時は悪いところより、良いところや魅力的なところを伝えるようにしてくださいね。

返事が異様に早い・遅い

マッチングサイトに登録する男性の中には「常に秒速で返ってくるメールに疲れてしまう」という人も少なくありません。かといえ、返事が2〜3日空く様では「自分はバカにされているのか?」と思われてしまう事も。返事の間隔は一般的な昼の休憩時間や夜なら即返事でも良いですが、昼間など相手が仕事をしている時間にちょくちょく送るのは控えた方が良さそうです。相手の都合に合わせて返事をしていくようにしましょう。

メールテクニックを学んで素敵な結婚相手を見つけよう!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180606142044j:plain

マッチングサイトの出会いにおいてメールは必須アイテムです。どのような印象を持たれるかはメールで決まるといっても過言ではありません。最低限のルールとテクニックをきちんと身につけることで、あなたに合った素敵な男性と出会うことができるはず。ぜひ、活用してくださいね。

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」