若い年代ほど割り勘派が多い?デートにまつわるお金の話

マッチングサイトで出会った人とのデートはもちろん、男女のお付き合いにデートは欠かせません。中には「デートでお金がかかるから恋人を作りたくない」という人もいるようですが、世の中の男女は1回のデートで一体どのくらいのお金を使っているのでしょうか。

また、「デート代は男が持つべき」と考えている人も多く、婚活でも男性が食事代などを負担してくれることもよくありますが、実際にその考え方はどうなのでしょうか。

マッチングサイトで知り合って会うことになった人とのデートの時もどうすればいいのか気になりますよね。男女それぞれのデート代に対する意識を探ってみました。

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

 1回のデートでどれくらいの費用がかかっている?

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611171340j:plain

デートでは、飲食代をはじめとして映画のチケットやレジャー施設への入園料など、何かとお金がかかりますよね。まったりお家デートなら費用も抑えられますが、毎回そういうわけにもいきません。では一体、世の中の男女は1回のデートでそれぞれどれくらいお金を使っているものなのでしょうか?

男女の出費、差額は約4000円

リクルートブライダル総研の2017年の調査によると、

全体平均が4473.3円(2014年の調査では6070.9円)

男性平均が6411.4円(2014年の調査では8282.9円)

女性平均が2420.0円(2014年の調査では3607.5円)

となっています。

2014年の調査では男女間で約4700円の差がありましたが、2017年の調査では約4000円と少し差が縮まっています。 不況の影響もあって、デート代も少し抑えられてきているのかもしれませんね。また、後ほど詳しくお伝えしますが、「デート代は割り勘で!」という人も少なくないので、その影響もあるのかもしれません。

男性が考える、付き合う前のデート代の支払い

マイナビウーマンが2016年に「付き合う前のデート代の支払いはどうしたいか」について調査したところ、

男性で1番多かったのが「時と場合による」(28%)、続いて「男10:女0」(26%)、「男6:女4」(24%)、「割り勘」(18%)という回答が得られました。 僅差で「時と場合による」という答えが一番多いという結果に。本当は全額負担したくても、収入などの関係でそうはいかないという人も多いのかもしれません。でも、付き合う前は「できるだけ良い印象を持ってほしい」と男性も考えるでしょうから、デート代も男性持ちと答えた人が多かったのだと考えられます。

女性が考える、付き合う前のデート代の支払い

女性に同様の質問をしたところ、一番多かったのは「男10:女0」(42%)、続いて「男6:女4」(14%)、「割り勘」(13%)、「時と場合による」(17%)という回答が得られました。 やはり、付き合う前は男性側に負担してほしいという女性が圧倒的に多くなっています。付き合う前からあまりケチケチしたところを見せられるのは、女性からするとちょっと嫌ですよね。

もちろん自分のお財布事情が一番大事ではありますが、男性の皆さんはマッチングサイトで出会った人とのデート時はこちらを参考にしてみてください。

“デート代は男が持つべき”は古い?!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611171353j:plain

特に男性では「男がおごるべき」と考えている人も多いかと思いますが、意識調査の結果を見てみると意外とそうではないことがわかります。「男がおごるべき」という考えは、古くなってきているのかもしれません。

若い年代ほど「男がおごるべき」と考えていない

前出のリクルートブライダル総研の2017年の調査では、デート代に対する意識調査も行われました。まず、「デート費用は二人で割り勘したいと思う」であてはまる・ややあてはまると回答したのは男性で25.3%、女性で35.1%で、年代別に見ると男女ともに20代でそう考えている人が多く、30代、40代と年代が上がるにつれ少なくなるという結果に。

また、「恋人とは対等な立場・イーブンな関係でありたい」という質問であてはまる・ややあてはまると回答したのは男性で40.8%、女性で59.9%と、特に女性では割合が高くなっています。このことからも、デート代も割り勘を希望する女性は比較的多いのかもしれません。

男性は「男がおごるべきと考えている女性は多いんじゃないか?」と考えている人が多いかもしれませんが、「デート費用は、男が払うのは当然だと思う」という質問であてはまる・ややあてはまると回答したのは女性で19.1%(男性は23%)。思ったより少ないのではないでしょうか。もちろん中には「おごってもらって当たり前!」という女性もいますが、そういう人はかなり少ないと考えられます。

デートプランは二人で楽しく考えよう

マイナビウーマンの2016年の「男性がデート代をケチりたくなる状況」についての調査では、回答の一つとして「自分が乗り気ではない時」が挙げられています。自分は特に興味がないところ・行きたくないところにお金を出したいとは誰も思いませんよね。

マッチングサイトで出会って、遠出をするようになるまでには近場でのデートを何回か重ねてからになることが多いと思います。いざ遠出となった時に、無理に興味のないところに行かなければならない状況にならないよう、デートプランは二人で楽しく考えられるのがベストですね。デートの時に「つまらなすぎる!」ということが起こらないように、マッチングサイトで相手を探す時も「一緒に楽しめそうだな」と感じられる人を見つけられたらいいですよね。

交際開始後のデート代、しっかり話し合おう

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611171405j:plain

マッチングサイトで出会って良い感じになった人には、男女問わず良いところを見せたいもの。もし男性側から「ここは自分が払うから」と申し出があったら、素直に甘えるようにしましょう。 お金については、お付き合いを続けていく上でもとても重要です。マッチングサイトでの婚活が成功し、お付き合いを始めた後も、その後のデート代については各自不満があるようならその都度話し合うことをおすすめします。

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」