マッチングアプリでメッセージがもらえるプロフィール

便利なマッチングアプリで婚活をしている方も多いと思いますが、自分のプロフィールにも気を配っていますか?「まずは出会った相手とメッセージをしながら、自分のことを伝えていけば良いや」と考えている方もいるでしょうが、プロフィールをないがしろにすることで、メッセージがもらえる可能性を低くしてしまっていることもあり得ます。ここでは、マッチングアプリでメッセージがもらえるプロフィールの書き方を伝授します。

結婚相手を探すなら「ゼクシィ縁結び」

マッチングアプリのプロフィールを軽視してはダメ

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611160010j:plain

プロフィールはしっかりと丁寧に書こう

マッチングアプリのプロフィールってどのように書けば良いのか分からないし、ガツガツ婚活をしているようで恥ずかしい・・・と感じている方もいることでしょう。そのため、プロフィールは書かず、写真だけ掲載したり、とても短い文章しか書いていなかったりということはないでしょうか?

ところが、このプロフィールを軽視している考え方こそが素敵な出会いを遠ざけていることがあります。マッチングアプリで婚活をしているメンバーは、結婚への真剣度も高いため、自分のプロフィールさえも満足に書くことができない人に対しては、関心も薄れてしまいます。

しかし、「自分はこのような人間である」ということが客観的にプロフィールに書かれている場合は、真面目に婚活に取り組んでいることが伝わりますし、その人の人間性がある程度理解できるため、メッセージを送りやすくなります。 マッチングアプリのプロフィールには、少なくとも以下のような部分は、しっかりと丁寧に書きましょう。

・マッチングアプリに登録したきっかけを書く

・自分の性格を書く

・趣味や特技を書く

・理想の相手やカップル像を書く

メッセージを送りたくなるプロフィールのポイント

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611160031j:plain

しっかりと丁寧にプロフィールを書いていても、そこに使われている言葉や表現が不適切なものだと、メッセージをもらえる可能性が低くなってしまうことがあります。

たとえば、自分の性格を正直に書きたいと思い、「私は人見知りで、暗いといわれることがあります」というような表現をしたとします。本人は、自分を素直に謙遜して書いたつもりかもしれませんが、このプロフィールを見た会員からしてみると、ネガティブなイメージが残ってしまうことでしょう。

しかし、言葉の選び方や表現を少し工夫すると、「最初は恥ずかしがり屋に見られる私ですが、慣れてくると面白いと良くいわれます」というようなプロフィールに変化させることができるのです。たったこれだけのことですが、ずいぶんとイメージが違って見えてきますよね。 ネガティブな言葉や表現でも、ポジティブな言い回しに変化させることで、プロフィールの見栄えが変わります。

また、性格面だけではなく、趣味や特技なども、ただ「読書」とだけ書くよりも、「読書が昔から好きで、作家の○○さんの□□シリーズは全部制覇しました。作中に出てくる喫茶店は実在する店だということで、思わず訪れたこともあります。」などというように具体的に書くことで、「行動力もある人なんだな」とか「イキイキした文章が素敵だな」と思ってもらえることもあることでしょう。

注意しよう!メッセージを遠ざけるプロフィール

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180611160053j:plain

ほどよい文量のプロフィールを書いていない

プロフィールはしっかりと丁寧に書くということをお話ししましたが、あまりにも長すぎるプロフィールも考え物です。短すぎるよりは良いかもしれませんが、長すぎるプロフィールは読んでいる人にとっても疲れてしまいます。

程よいプロフィールの文量は、400文字程度が良いといわれています。400文字ですと原稿用紙1枚分ですので、ストレスなく読むことができますし、記憶に残りやすいものです。

また、マッチングアプリは携帯から見ている人も多いでしょうから、スクロールをせずとも見ることができる程度の文量もおすすめです。 いちがいにはいえませんが、男性は女性の顔写真を重視する傾向にありがちです。女性は男性のプロフィール全体を見ることが多いといわれることもあります。

そのため、男性の方は自分のことを詳しく知ってもらうために、600文字~800文字程度でプロフィールを書いても良いでしょう。

自分本位なプロフィールは嫌われる可能性が高い

いくらプロフィールを具体的に書いた方が良いといっても、自分の相手への希望だけを書いたり、自慢話のようなことを書いたのでは残念ながら嫌煙されることが多いものです。

特に、理想の相手やカップル像を書くときに、「理想の相手は、容姿端麗な人を望みます」や「結婚相手には、年収500万円以上で○○大学卒業などの高学歴の人が希望です」と表現することは避けましょう。プロフィールを見た相手からしてみると、自分のことは棚にあげて、他人への要求ばかりだから、自己中心な人なんだろうなという印象を与えてしまいます。

また、理想の相手への希望だけではなく、「私は、医師の家庭に育ち、病院を〇個経営しています。同年代よりも格段に年収は高いです」というような自慢話とも取れるプロフィールにも注意したいものです。 婚活は自分だけで進めていけるものではなく、相手があってこそのものです。「結婚したら2人で○○な家庭を築いて行きたいです」という相手を含めた表現や「一緒にいて、ささいなことで笑い合えるような相手が理想です」というような相手の性格面に焦点を当てた書き方の方が、好感を持ってもらえると言えます。

マッチングアプリでの婚活はプロフィールが肝心

婚活に重宝するマッチングアプリですが、最初から対面で出会うことはできません。それだけに、文字で自分を表現するプロフィールを充実させることが大切です。文章は人格を現すともいわれますので、最初の印象を少しでも良くするために、プロフィールづくりには真剣に取り組みましょう。

まずは無料で出会いを探すなら「ゼクシィ縁結び」