読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連載】女のホンネとタテマエ~「面倒だったら即ブロック」を意味するコトバ~

彼氏彼女の恋愛心理学 恋愛

以前と比べてSNSなどの連絡手段が発達したため、恋愛のチャンスやきっかけが増えたと思います。

特にLINEのIDは気軽に聞きやすいし、教えやすいので重宝されがちですが、LINEならではの落とし穴があるのを忘れてはいけません。

「面倒だったら即ブロックすればいいや」と思って女子が気軽に言うセリフ『LINEのID教えるね』をご紹介したいと思います。

(番号ではなく)LINEのID教えるね=面倒だったら即ブロック

ホンネスト

出会いの場ではスマートに連絡先を聞き出せるかが勝負。連絡先さえ交換出来れば、後はゆっくり会話を重ねて次の約束を取り付ける事ができます。

しかし、聞かれる側の女子はあまりタイプじゃない相手に対して、連絡先を教えたくないけど断って場を白けさせたらどうしよう…と悩むものです。

そんな時、電話番号やメアドを教えるのではなく、面倒だったらブロックすることができるLINEを持ち出し、『LINEのID教えるね』というセリフでその場を切り抜けるのです。

LINEは教えやすいし、ブロックしやすい

ホンネスト

「連絡先を交換できた=脈アリ」と思ってはいけません。「今は興味ないけど、連絡し続けたら好きになれるかも」とか、「この人はナイけど、友達にはなれるかな(あわよくば合コンセッティングしてくれるかな)」など軽い気持ちで連絡先を教える女子が意外と多いのです。

そういう時、LINEのIDは非常に便利。「やっぱこの人無理」と思ったら即ブロックで終了。共通の友人がいない限り、ブロックすれば全て無かった事にできる、LINEは婚活女子の強い味方なのです。

LINEは恋愛お試し期間のツール

ホンネスト

なぜか教える事に対してそこまで抵抗を感じない魔法のツール、LINE。逆を言えば、いつまでもLINEだけで繋がっている男子に対して「私のことは遊びなのかな」と不安を感じてしまう女子も多いです。

男女にとってLINEは恋愛の入り口。恋愛が始まりそうならば、電話番号やメアドの交換もして欲しいのが本音です。

 

LINEは今までの会話のやり取りを読み返しやすいうえに、「既読」かどうかもすぐにわかり、恋愛している人達にとっては非常に強い味方になってくれるのも事実。上手に使って恋愛に発展させたいですね。