読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男ウケ必至! “やまとなでしこ”ファッション

モテるテクニック 女性ファッション 恋愛

先日目にした雑誌に2016年、恋愛運がいいのは、しっとり落ち着いていて細やかな“やまとなでしこ”タイプと書かれていました。

年末年始、男性と会う機会が多かったのですが、男ウケがよかったのが奥ゆかしさのあるファッション。

そこで、男心をくすぐる“やまとなでしこ”ファッションのポイントを紹介します。

スモーキーパステルこそ褒められネイル

ホンネスト

男女の価値観の違いがはっきりと出るのがネイル。お金をかけて可愛くしたのに、男性から見たら汚い、家事をしなそうとネイルアートはマイナス評価ばかり。とはいえ、お手入れしていないネイルもNG。

セルフネイル派の私ですが、よくネイルをほめられます。そのほめられネイルが、パステルピンクグレージュのコンビ。

シンプルだけど上品な華やかさもあるし、ピンク一色じゃなくてグレージュが入っているので、おしゃれな大人の女性に見えるみたいです。

ネイルは主張する場所ではなく、きめ細やかさを感じさせることが肝心です。

いまの時代だからこそ時計女子に好感触

ホンネスト

時間確認=携帯が当たり前になっているので違和感は感じないようですが、腕時計で時間確認をしている人を見るとハッと惹きつけられるようです。

THEブランドだとお高いイメージがついてしまうので、ダニエル・ウェリントンのようなお手頃価格のシンプルな革ベルトの腕時計がおすすめ。

他にもユナイテッド・アローズなど、大人系ショップにはお手頃な腕時計がセレクトされているのでチェックしてみて下さい。

腕時計は見栄をはるためのものではなく、自分を格上げしてくれるアイテムです。

控えめな輝きだからこそ引き立つアクセ

ホンネスト

リングやブレスなどアクセの重ねづけは、派手で下品な感じがすると、男性たちには不評でした。

パール一粒ダイヤのピアスをさりげなくしている方が男心をくすぐるようです。

でも、無駄に大きなものはNG。裏の留め具がパールになっているようなデザインも、男性としては吹き出物みたいな感じでダメだそうです。

男性は小さな物華奢で垂れたデザインなど繊細なものがお好み。主張しすぎないけどキラリと光ることがポイントです。

 

ぜひ今年はファッションにも“やまとなでしこ”を取り入れて恋愛運を上げてみましょう。