読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連載:映画で分かる女の本音】~「愛してる」の言葉よりも視線で伝えた方が効果的?〜『キャロル』

彼氏彼女の恋愛心理学 恋愛

人混みのなか好きな人の姿を見つけられるのは何故だろう。まるでカメラのピントがその人だけに合っているかのように、不思議な力で引き寄せられるかのように、好きな人に視線がいってしまうのは何故だろう──。

映画『キャロル』の冒頭の出会いのシーンを観て、ふとそんなことを考えました。

原作は『太陽がいっぱい』で知られるパトリシア・ハイスミスの恋愛小説。舞台は1950年代。

ニューヨークの百貨店で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)と、そこに娘のクリスマスプレゼントを買いにやって来た美しい女性キャロル(ケイト・ブランシェット)。

店員と客。ふつうなら、その間には特別なことは起きませんが、このふたりの間には特別な“何か”があった。簡単な言葉で表すなら一目惚れです。

ホンネスト

キャロルに目を奪われたと同時に心までも奪われてしまったテレーズ。彼女のその視線に気づき、その気持ちを受け止めただけでなく、さらに引き寄せてしまったキャロル。

百貨店の人混みのなかで交わした視線で恋に落ちたふたりの女性の愛の物語です。

出会った瞬間に恋に落ちる話は、小説でも映画でも決して珍しいものではありません。

ただ、異性であれば、この瞬間から恋が始まるのかな……と察しがつきますが、女性同士となると、この気持ちは憧れなのか、それとも恋の始まりなのか、戸惑ってしまう。

ましてテレーズはボーイフレンドはいるものの、本気で人を愛した経験のないキャラクター。自分のなかに芽生えた気持ちが一体何なのか戸惑い、どんどん気持ちが膨らんでいく。

ホンネスト

その心の揺れ動きがとても繊細で純粋でリアル。つい自分自身が恋をしたときのドキドキ感と重ね合わせて見てしまうのです。

一方、キャロルは夫と別居中。お飾りの妻としてではなく、一人の女性として生きたいという願望を持ちつつも、娘との生活を守るためには女性を愛してしまう自分の本能を押さえなくてはならない葛藤があります。

ホンネスト

それを一瞬にして、あの視線で解き放ってくれたのがテレーズだったわけです。

「人に惹かれる理由や嫌う理由は分からない。分かるのは、その人に惹かれるか惹かれないかだけ」。これは映画のなかに登場する、テレーズと彼女の男友だちとの会話の一部。

たしかに、その通りです。一旦、好きになってからは後付けのように「この人のこういうところが好き」と言えますが、そもそも好きになった理由なんて分からないもの。

ホンネスト

何故か目がいく、何故か気になる、根拠は何一つなくてもこの人に愛を感じる、それが恋です。

分かりやすく表現しているシーンが最初と最後にあります。セリフもなく、ものすごくさりげない仕草──レストランの席に座っているテレーズの肩に、その場を立ち去っていくキャロルの手が触れる。

そのすぐ後に、同じくテレーズの反対側の肩に、今度は知り合いの男の手が触れる。ぜひ、それぞれの手が肩に触れたときのテレーズの反応と表情を比べてみてください。そして、続く視線の会話にもドキッとするはずです。

人は、特に女性は、相手の愛を確かめたくて「言葉にしてくれなくちゃ分からない」と、多くの愛の言葉を求めてしまいがち。

でも、キャロルとテレーズの視線の会話を見ていると、目は口ほどに物を言う。相手の視線をキャッチできてさえいれば、不安なんてなくなるのではないかと。視線の威力をこれでもかと感じた映画です。

 

『キャロル』

2016年2月11日(木・祝)より、全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED