読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男がゲンナリする女の口癖~男に「付き合いたくない」と思われる一言~

彼氏彼女の恋愛心理学 男がゲンナリする女の口癖 恋愛

恋人というのは、“一緒にいたい”とお互いに想い合うからこそ成立するものです。

もしアナタに気になる人がいて、「付き合いたい」と思うのなら、まずは彼に“一緒にいたい”と思わせることが恋を成就させる第一歩と言ってもいいでしょう。

しかし、彼と“一緒にいたい”というアナタの願いを打ち砕いてしまう危険な言葉があるのです。

そこで、彼に“一緒にいたくない”つまりは「付き合いたくない」と思わせてしまうフレーズ『前にも聞いたよ』を紹介したいと思います。

話したくない女性とは「付き合いたくない」

ホンネスト

話していても飽きない相手、それが恋人という存在です。

なので、意中の人がいるのであれば“ずっと話していたい”と思わせなければなりません。

しかし『前にも聞いたよ』というフレーズは、“ずっと話していたい”と思わせるどころか話を途切らせてしまい、果ては「二度と口を利きたくない」と思われてしまうことでしょう。

誰にでも言えることですが、話をしたくない相手とは「付き合う」こと自体考えられません。

なので相手が、ましてや意中の彼が同じ事を言ったとしても、この『前にも聞いたよ』というフレーズは絶対に言わないで下さい。

男が忌み嫌うフレーズ

ホンネスト

男性はプライドが高い生き物なので、“恥”をかくことを何より嫌います。『前にも聞いたよ』というフレーズはその“恥”をかかせるフレーズの一つ。

雄弁な男性ならこのフレーズを言ったところで、他の話題に切り替えて話を途切らせることは無いかもしれませんが、往々にして男というものは“口下手”です。

なので、アナタと話をしている時は少なからず勇気を振り絞っているのです。

そんな頑張りをあざけ笑っているかのように受け止められてしまうフレーズが『前にも聞いたよ』なのです。

アナタに「“恥”をかかせられた」と思った彼は、アナタのことを嫌うどころか、怒りすら覚えることでしょう。

男のハートを掴むのは“聞き流す”ことができる女性

ホンネスト

女性が挙げる“好きな男性の特徴”の一つに「包容力がある人」というものがありますが、これは男性もまた然りなのです。

男性はどこかで“母性”を求めています。つまり自分を包み込んでくれる女性を潜在的に望んでいるのです。

なので、例え彼が以前と同じ話題を持ち出したとしても、『前にも聞いたよ』と言うのではなく、初めて聞いたようなフリをして相づちを打つことをおすすめします。

アナタが聞き上手になればふたりの会話が続き、彼は「ずっと話していたい」、「一緒にいたい」と思うようになります。

そしていつしか彼はアナタと「付き合いたい」と考えるようになるでしょう。

 

何度も同じ話を聞くのは抵抗があるかもしれませんが、その話題は彼の中で“とっておきのネタ”である可能性が高いです。

なので、『前にも聞いたよ』と簡単にあしらうことは、彼の“面白さ”をも否定することになりかねません。

このフレーズのように口にせず、心の中で留まらせておいた方がよいものもあるので、会話で使用する言葉には注意を払う習慣をつけることをおすすめします。