2杯目に何を頼むかが重要! 女性が合コンで頼むとモテる飲み物

合コンで女性は何を飲むべきなのか? 女性らしさや可愛らしさを演出するようなものがいいのか、そんなことは無視して自分の好きなものを飲んでもいいものなのか。そんな疑問を解決すべく、合コンシェルジュの絵音さんに、「女性が合コンで頼むとモテる飲み物」について話を聞いてみた。

1杯目は「生ビール」で盛り上がりを演出

絵音さんいわく、女性の1杯目は可愛らしいカクテルよりも生ビールがいいのだとか。これは、「今日は楽しみに来てますよ!」と、男性陣にその意気込みが伝わる飲み物なのだそう。また、1杯目から手の込んだカクテルなどを頼んでしまうと、ファーストドリンクの到着が遅くなって、乾杯まで気まずい時間が流れてしまいKYになりかねない。生ビールは合コン全体を盛り上げる火付け役といってもいいのかもしれない。

2杯目に頼むお酒こそが重要なモテポイント

合コンの飲み物で一番重要なのは2杯目。ここに重要なモテポイントがあるらしい。2杯目から、焼酎のお湯割りやウィスキーのロック、日本酒など、ちょっと渋めのお酒をチョイスすると、「おお! やる気あるね」と思われて、モテポイントがUPするとのこと。合コンという出会いの場で、気取らず素の自分を出してくれているようなお酒のオーダーは、男性の関心を惹くのには持って来いなのだとか。

いきなり「ウーロン茶」を頼むのはNG

ちなみに、1杯目に絶対NGな飲み物は、ウーロン茶。男性の多くは、このオーダーを聞いた時点でテンションがガタ落ちになってしまう。お酒が飲めないのは仕方がないことだが、1杯目だけは、薄めのカクテルなどを頼み、乾杯した後ですぐにお水やノンアルコールのものを頼めばいい話。一杯目だけでもお酒で乾杯をすることで、場を盛り下げることは回避できるんだとか。

 

女性が、カクテルよりも、渋い焼酎のお湯割りを頼む方が、モテポイントがUPするとは意外だ。女性が何を頼むかによって、男性陣の盛り上がり方も変わってくるので、周りの空気を読んでオーダーしよう。