読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男がゲンナリする女の口癖~男がため息をもらす言葉~

彼氏彼女の恋愛心理学 男がゲンナリする女の口癖 恋愛

付き合っている人がいる時、相手の愛情を確認してみたくなるものです。

しかし、男性は女性への愛情を言葉で伝えるのが苦手なので、無理強いするとアナタに対する愛情が冷めてしまう要因にもなります。

そこで、男性の愛情が冷め、思わずため息をもらしてしまうフレーズ、『好きって言ってよ』を紹介したいと思います。

男は面倒くさいと感じる

ホンネスト

日本の男性の多くは言葉による愛情表現をあまり好みません

基本男性は恋人に対して、“好き”だと言わなくても察してくれているものだと思っています。

なので口に出して愛情表現をすることは、彼らにとって余計な言動なので、面倒くさい行為だと思ってしまう傾向にあります。

『好きって言ってよ』というフレーズは、男性にその面倒くさい行為を強要させる言葉です。

また、無理やり愛を誓わされているかのような束縛感もあり、純粋な気持ちをないがしろにしている言葉とも言えます。

たとえアナタのことが好きであっても、男性からしてみれば『好きって言ってよ』というフレーズは重荷になる言葉。

それゆえ、男性はその言葉を聞いた途端ため息をもらしてしまうことでしょう。

自分に酔っている痛い女だと思われる

ホンネスト

『好きって言ってよ』というフレーズは、ドラマや映画でよく聞く言葉です。

筋書きのある物語ならば、女性の納得する言葉が返ってきたり、その後にドラマチックな展開が待っていたりするものですが、現実はそう上手くいきません。

『好きって言ってよ』と言われた男性は、アナタのことを現実が見えていないナルシストだと感じ、痛い女だと認識してしまいます。

付き合いたてのカップルだったり、甘えた感じで言ったりするならば、問題ありません。

しかし、真剣な顔で言われてしまうと、返答に困り、思わずため息がもれてしまいます。

その一言で男は冷める

ホンネスト

長く付き合っているカップルに訪れる倦怠期

付き合いたての時のようなドキドキ感が薄まり、相手からの愛情が感じにくくなると、女性は『好きって言ってよ』というフレーズを使いがちです。

しかし、男性からするとアナタのことが嫌いになったわけではないので、一方的に『好きって言ってよ』と言われると、非常に重い言葉だと思ってしまいます。

また、自分の愛情を信頼してもらえないアナタに対する気持ちが徐々に薄れ、倦怠期を悪化させてしまうことでしょう。

 

寂しさや不安から愛情を確認したくなったとしても『好きって言ってよ』というフレーズは使うべきではありません。

相手の愛情を確認したいのであれば、まずは自分から愛情を伝えるようにして、自然と「好き」という言葉を彼から引き出すようにしましょう。