読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛の達人・中谷彰宏が教える 素敵な出会いをする方法

モテるテクニック 恋愛

素敵な恋がしたくても、出会いがないと悩んでいる方は非常に多いのでは?

友人も次々と結婚し、年々つのる焦燥感… 。そんな世の女性たちに朗報です! 自分ひとりでも素敵な出会いを見つける方法があるんです。

その極意が書かれているのは、恋愛の達人・中谷彰宏さんの著書『いい女は「変身させてくれる男」とつきあう。女を磨く56の覚悟』(きずな出版)。

今からできる出会い見つける方法で幸せを呼び込みましょう。

魔の三角地帯から抜け出そう

ホンネスト

残念な女は「自宅―会社―コンビニ」の魔の三角地帯にハマり込んでしまいます。

毎日この三角点を移動しているだけ。そうすると、出会うのはこの三角点を移動している残念な男だけになってしまいます。

「出会いがない」と嘆いている女性の大多数は、この三角点しか歩いていないんだそうです。

必要なのはリスクをとること。例えば値段のわからないお寿司屋さんに入るとか、いろいろな場所に行って、安定から抜け出してみる勇気が必要です。

男がもっとも魅力がなくなるのは、安定している時。リスクを冒して色々な場所出没する男性は、自分を磨くことに余念がなく、それだけ魅力的だと言えるでしょう。

文化力を養おう

ホンネスト

中谷さんの見解によると、残念な女の口グセは「わからない」と「むずかしい」。

いい女は、目に見えないものや言葉にできないことを感じとれるので、「わからない」「むずかしい」とは言いません。

いい女はわからないことを「面白い」と言えるのです。女性に必要なのは、こうした目に見えないものを見る能力。

それこそ中谷さんが定義する文化力なのです。文化力が高まれば、目の前にいる男性がこれからどれだけ伸びるかを見抜くことができるといいます。

本を読んで「行間を読む力」をつけると、「言葉にできないもの」を感じる力が身につけられるそうです。

別のコミュニティに入ろう

ホンネスト

同じコミュニティばかりにいると「あの人は陽気な人」と言われたら陽気なキャラを演じざるを得ません。

しかし別のコミュニティに参加すれば、いつもとは別の人格になれます。

別のコミュニティに参加するには、好きなことをするのが一番。好きなことをしていると、別の自分のキャラが発揮できます。

そうやってチャンネルを切り替えることで、普段抱えているストレスも発散できます。

出会いもそこで生まれるはず。くれぐれも自分を探しにインドへ行かないように。