読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活コンサルタントが教える 「結婚したい」と思われる女になる方法~フェイスブックを「見るだけ放置」にしない~

婚活サービス活用テク 婚活

SNSを始めたものの億劫になって更新できていない人も多いはず。

しかし、SNS、特にフェイスブックは、恋活・婚活の重要なお助けツール

上手に役立てれば、あなたの人生を一変させることも可能なのです。

そんな今すぐ知りたいSNSテクニックが書かれているのは、婚活コンサルタント澤口珠子さんの著書『素直になれない大人女子が結婚するための5ステップ~これさえやめれば、ご縁が舞い込んでくる!』(大和書房)。

フェイスブックを使って、結婚への距離を縮める方法をご紹介します。

片っ端から検索して、友達リクエストを送ろう!

ホンネスト

何をしたらいいかわからない人は、まずは初恋の彼や、疎遠になってしまった友人、同級生などに、片っ端から検索して友達リクエストを送ってみましょう。

これがきっかけで中学校の同級生と結婚した人もいるんだそうです。

行動しなければ何も始まりません。あくまで友達リクエストですし、遠慮する必要もありません。

投稿する記事は、ささいな日常のひとコマでいい

ホンネスト

始めたはいいけれど、何も書き込みをしないのはもったいないです。

フェイスブックのページは自分自身をアピールする絶好の場。

「おっ、彼女いいかも」と男性の目に留まるような記事をどんどん投稿しましょう。

ネタはささいな日常のことでいいんです。たとえば、「ペットショップに行ってきたよ」という記事。

モコモコのかわいいウサギや、くっついて眠るハムスターの写真つきでアップ。

「癒される~」「暖かそう」と寂しい独身男性のハートをつかめます。

NGなのは、「海外旅行へ行った」「高級レストランで食事した」などのリア充アピール

「お金がかかりそう」「僕とは別世界の女性」と判断されてしまいます。

また、「徹夜」「会議」「休日出勤」などもタブー。変な気をまわされてしまいます。

実際に会ったときの話題に困らない

ホンネスト

オススメの話題は「自炊」、「親孝行&家庭的」や、カフェでゆっくり読書中など「暮らしを楽しんでいる」系。

写真と一緒にアップするのが好感度アップの秘訣です。フェイスブックはみんなこまめにチェックしています。

記事を投稿しておけば、次に彼と会ったときも「山登りに行ったんだって? 」などと会話が自然に盛り上がって話題に困りません

こちらも彼のページをチェックしておけば、相手の様子がわかるので、久しぶりに会っても時間のブランクを感じることなく話せます。ぜひ、上手に活用しましょう!